自分自身のマスターとして在る

瞑想歴33年・コアな瞑想体験を綴っています

ゆとり瞑想ーー日常の中にホッとする空間を創り出すことについて

ゆとり瞑想ーー暮らしの中にホッとする空間を創り出すことについて

 

 

ちょっとした言葉の遊びーー。

遊・由・愉を取ると書いて

ゆ・と・り

”遊び”は心に余裕を持たせる。

自由の”由”は根源の意味で、これまた制限のない空間を感じさせる。

 

そして”愉しむ”は、楽しむと違って内側から沸き起こる感があり、英語では”Enlightenment"に当たるそうな。

 

 

忙しく仕事をしている言わば「出来る人」ほど、このゆとりを奪われがちです。これは全く良くないーーある種の社会悪だと思います。もちろん「上手くやっている人」もいるでしょうが、そもそも企業という組織が「全体として学ぶ」姿勢がないと、結局は「出来る人」のところに仕事が集まり、消耗させてしまう。代わりを見つける。その人も同じように出来る人なので、出来る人の仕事が増えるという構造は変わらないんです。

 

そして、どんなに忙しい人でも、ちょっとした工夫でゆとりを持つための瞑想はできるーーこれまでに個人指導で瞑想をマスターした人々は、お仕事で成功している個人事業主の方がほとんどでした。

 

そして、個人指導の最低条件として、一度はガッツリと瞑想合宿に参加していただくということがあります。鳴子瞑想リトリートはそのための瞑想合宿ですが、参加者がかならず言うのは、「あの時の体験は私の軸になっている。目を閉じるたびにあの空間を思い出す」ということです。

 

8万→6万という早期割引の締め切りは10月19日ですが、参加したいが予定が立たないなどの方は、ご相談ください。場合によってはぎりぎりでも割引対応させていただきます。

 

忙しい日常の中に心のゆとりを持つことが、幸せの一歩です。

 

ゆとり瞑想をお試しください。

www.reservestock.jp