自分自身のマスターとして在る

瞑想歴33年・コアな瞑想体験を綴っています

「考える時間」と「考えない時間」あなたには どちらがより大事でしょう?

先日ボストンから戻ったばかりの私は、読書の時間や、内省する時間を、とても貴重に感じるようになりました。

それは他者とかかわらなくて良い自分のための時間で、【思考】を真っすぐに使って【考える時間】です。

そんなとき私はほぼ無意識的に「クリーンな問い」を使って自問しています。

たとえば、いま書いている本の企画書を例にとると、「で、この本をビジネス書の欄に置くというとき、その本に大きさや形はあるか?」

「サイズは普通の単行本の大きさだけど、少し厚みがあって、光っている」

「で、光っているについて他に何かあるか?」

「タイトルが光っていて、それが人目を惹く。何か他の書籍にはない言葉で、たぶん’閃き’を与えるということのよう。。。」

「で、単行本の大きさ、で、厚みがある、で、タイトルが光っていて、で、閃き、そして、閃きというとき、その閃きはどんな種類の閃き?」

「感嘆符そのものの閃き!」

たった3つのクリーンな問いで、重要なフォーカシングが可能になります。

そして、ここはオフレコですが、今この記事を書きながらびっくりしている私がいます。

ずっと探してきたタイトルが決まっちゃった! 残念ながら、それは出版されるまで内緒です。
楽しみにしていてください。

 

【ここでちょっと次のコースの告知を】

クリーンな問いは、クリーン・ランゲージ1日体験会でも紹介していますが、「クリーンの定義」を習得することで、それを日常的なレベルで自由に使えるようになります。

クリーン・ファシリテーター養成パート①の4日間で、相手の言葉を汚染しない【クリーンな態度】とはどういうものなのかを体験的に理解することで、他人との関係性が良くなったというご感想はつねにいただいています。

そして、それはつまり自分自身との付き合い方、自分の領域も汚さないことだということも、わかってくるのです。

直近は5月3~6日。詳細は以下です。
  ↓
クリーン・ファシリテイター養成ベイシック・
パート①の詳細はこちら

www.reservestock.jp


【考える時間】

とても長い前置きになってしまいましたが、「考える時間」の大切さは、ピーター・センゲの学習する組織の基礎コースで学んだことです。

瞑想は言わば「考えない時間」=頭を休ませる時間ですが、それと同じくらい大切なのは、「思考を上手に使って、真っすぐに考える時間」です。

ピーター氏は、私たちに「考える」課題を与えるときに、特別なやり方で思考を方向づけます。

ゆえに「真っすぐ」考えられる。思考を寄り道させないリードーーそれが彼らのコースを質の高いものにしているのです。

幸運なことに、私と松田依子さんはそのハイレベルのファシリテーションを一緒に体験できたので、私たちのコースにもしっかり反映されてゆくと思います。

 

 

「考える時間」と「考えない時間」あなたにはどちらがより大事でしょう?

よ~く考えてみてくださいね。