自分自身のマスターとして在る

瞑想歴33年・コアな瞑想体験を綴っています

ライブ瞑想への誘い

日本全体が、「忙しい、忙しい」と自分自身に呪文をかけている気がします。

予定びっしりなんだけど、自分自身のための時間はほぼないに等しいし、仕事したくないんだけど、いつも仕事のことばかり考えていて、「私は仕事が好きなんだ」とか言ってしまうーーそんな人生を送っていると、年をとっても遊べない人間になってしまうのではないかと、私は本気で心配するのです。

元気で長生きするのは良いのですが、日本人って、遊び方を知らない人が多すぎませんか?

瞑想って一般的には心が休まるとか、静かになるとかって言われますが、同時に、これまで使われずにいたエネルギーを呼び覚ますので、とても元気になるんです。

そして、本来持っている自分のエネルギーに目覚めるって結構すごいことなんですが、そうなると、降り注ぐ太陽の光にも、頬をなでる心地よい風にも、「おはよう」って言葉が自然に出て来るようになる。すると、不思議なことに普段苦手って思っている人にも微笑みかけている自分を発見するようになります。

 

さて、大事なのはここからーー。

瞑想の「技法」は伝えるのも簡単だし、本でも読めるし、ネットでも見れます。

でも、瞑想の”質”は、深い体験をしてきた瞑想者から伝達されるべきものです。

そこで、今後は瞑想の伝達者という意味で「ランスミッター」という位置づけを提唱していくつもりです。

人に伝達するには、まず自分自身がその伝達する物事の体験を持っている必要があります。その深みによって、伝達される質が違ってくるーーそして、だからこそ、ライブの瞑想会に参加することが大切なのです。

「ダソといっしょに坐ると、瞑想の質が違う」というふうに言っていただけるのはうれしい限りですが、その「質」を感じ取れるようになっている人の側も、それだけ瞑想が深まっているのです。

 

そして、そのような繊細な伝達は、ライブでしか不可能です。

瞑想の本を読んでも、できているのかどうかわからないという人。

一度行ってみたけど、言われていることが難しくってそのままになっているという人。

自分は頭でっかちで、分かった気になっているだけなんだと実は思っている人。

私なんかにできるのかと疑っている人。

勇気を出して、瞑想のトランスミットを受けてみませんか?

 

www.reservestock.jp

www.reservestock.jp