自分自身のマスターとして在る

瞑想歴33年・コアな瞑想体験を綴っています

「ほんとうに目覚めているかい?」

「ほんとうに目覚めているかい?」

 

と、ずっと耳元で声がしているような旅でした。

 

今回はイギリスの帰りにインドに立ち寄るという予定を立てたために、俗にいうLCCですかね? いわゆるチョー安いチケットを買ったんです。飛行機はANAだというので、油断したかもしれません。

f:id:dasosaito:20171212194236j:plain

 

日本、インド間はANAでしたが、ご飯は不味く、インド、イギリス間のジェットエアウェイズは機内が狭い上に、何もかももっと不味い。

 

やはりホッとするようなホスピタリティに対してはお金を払っているもんなあって実感したものです。

 

若いころなら気にもしないけど、この年になるとやれやれって感じ。もう二度と乗らない! って言いながら、きっとまた同じ失敗するんでしょうけどね(笑)

 

さて、ボヤキはそのくらいにして、イギリス入国の恐怖はイミグレーションで2時間待ちだったこと。しかも同じところをグルグル回らされ、列車の時間は気になるし、、、で、だいぶストレスだったんだと思うのですが、ヒースローエクスプレスに乗ってロンドンに向っているとばかり思っていたら、車内清掃のおばさんが(たぶんそういう人いっぱい見てるんでしょうね)

「どこ行くの?」

「パディントン」

「オケ、じゃあ、次で降りなさい」

「ホワッツ?!」

「次で降りて乗り換えるの。ほらほら今は座っていて良いから」って。

 

つまりターミナル間を移動する列車に乗っていたのでした。

 

「ほんとうに目覚めているかい?」

 

この後の珍道中については、また後日。