自分自身のマスターとして在る

瞑想歴33年・コアな瞑想体験を綴っています

『今ここにいる』と思っているだけなのかもしれない 

 

イギリスから戻って3週間が過ぎ、やっと「今ここにいる」という感覚がつかめてきた気がします。じゃあ、今までどこにいたのかというと(笑)、「第1身体(一般的に言う肉体)以外の身体(一般的に言うオーラの部分)は完全には戻ってきていなかった」と言えるかもしれません。

 

帰国後ずっと体調がすぐれなかったことが、いみじくもそのことを示していると思うのです。

 

年を重ねるごとにこの症状は重くなります。それでもあのトレーニング、この瞑想と、興味の赴くままに移動し続けているのは、魂の渇きによるものです。

 

死ぬまでやっていると思う。あるいは、光明を得るまで。あるいは、それらが同時に来るかもしれない。。。いずれにしても、私は私自身を存在に捧げています。

 

必要とされるところに動いていく準備はできているし、そのために犠牲にするものなど、もはや何も残っていません。

 

私の大好きな本に「モジュッド」という本があります。主人公のモジュッドは、スピリチュアル・ガイド「ヒドゥル」に会い、「着ているものを脱ぎ、川の流れに身を投じるがいい。誰かがおまえを助けてくれるだろう」と告げられます。

 

彼は言われるままに川に飛び込み、助けられ、「おまえは何をしようとしていたんだ?」と尋ねられるのですが、「自分でもわからない」と答えます。

 

モジュッドはその漁師の元で仕事を与えられるのですが、ヒドゥルは、一定の場所に馴れてきたころに現れては、次に動いていくように指示するのです。

 

やがて彼は光明の疑いのない兆しを見せ始めます。

 

これは「信頼することのアート」について語られた本です。

 

マインドがあれこれ言っても、そして、特に体調が悪い時は「こんなに動いて大丈夫?」って心配になったりもしますが、3週間経って「やっと戻った」ってわかるとき、ハートの奥にある信頼につながれるのです。

 

次の出国までまだ2週間あります。当面は、お部屋の大掃除と片付けと書類の整理ーーそういう身の回りの仕事は、地に足をつけるのに役立ちます。

 

「今ここにいる」と思っているだけの時には、整理整頓・自己メンテナンスということですね。

 

「クリーンな傾聴」は、自分の声を聴くことについてのグループです。

www.reservestock.jp

 

フランスのムーブメンツから戻ってすぐのグループです。新しいムーブメンツを紹介できると思います。

www.reservestock.jp