読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自分自身のマスターとして在る

瞑想歴33年・コアな瞑想体験を綴っています

愛は瞑想・瞑想は愛

人を愛するとき、あなたの自我は消えていきます。(ホントはね)

 

でも、相手から何かを欲しているときは、自我でいっぱいになります。そして、大抵は「欲しい」でいっぱいになっているときに、「愛している」「大好きだ」「あなたと一生いたい」ってなる。

 

お互いの愛を育むのではなく、欲しい! 頂戴。あげたんだからよこせ! みたくなっているときは、いったんそこから離れて独りになることです。

 

愛すればこそ、独りの空間が大切。

 

あなたがそうすれば、相手にもその空間を与えられる。でも、そのときにただ一人でいるだけでは、頭の中のブツブツに翻弄されてしまいます。

 

これは仕事や、他の関係性の悩みでも同じですよね?

 

独りになって瞑想してごらんなさい。自分自身への愛をしっかりと見つけるまで。

 

そしたらあとは、その”愛”があなたを正しい方向に導いてくれます。

 

人を深く愛すれば愛するほど、私たちは自分自身の深みにおりていきます。二人の中でそれが起きたら、お互いにしあわせです。その関係性の中で愛は育まれていく。

 

でも、少なくともあなたの中で起きればあなた自身への愛が育まれていく。

 

自分自身を愛している人は、満たされていて輝いていく。その人はけっして独りぼっちじゃない。

 

そうではないですか?

 

www.reservestock.jp