読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自分自身のマスターとして在る

瞑想歴33年・コアな瞑想体験を綴っています

私たちが気づきたいことは ”無意識のパターン”についてなのです。

 

そして、気づくためには、自分がどれだけ無意識でいるかを認めること。受け入れることなのですが、私たちの自我という厄介なものがそれを邪魔するんです。

 

最近私がエネルギーを注ぎ始めた「ムーブメンツ」という動きの中の瞑想は、その自我が邪魔をする瞬間を一瞬にして捉えることができます。多くの場合は振付を間違ったとき、あるいは「上手くできている」というような考えがやってきた瞬間に間違えるなどです。

 

つまりその瞬間、「あなた」は「今ここ」にいないことになります。

 

それを何度も繰り返していくうちに、あなたは自分が無自覚だった「リアクション(反応)のパターン」に気づくようになります。

 

たとえば間違ったときに苦笑いをする。しかめ面をする。他の人のせいにする。などですが、それはきっと日常でもやっていることなのです。

 

ムーブメンツを初めて踊る人は一様に「魅力的な音楽だ」とか「心地よい」とか「できるようになりたい」と言われます。

 

何か神秘的なエッセンスに魅かれるのですね。私もそうでした。

 

ティーチャーが「ムーブメンツの魔力に気をつけなさい」と言っていたことがずっと後になって理解できたのですが、この技法は自己想起のための技法としてとらえたときに、いくつもの仕掛けがしてあります。

 

目覚めのための仕掛け。

眠りこけないための仕掛けです。

 

それが、私がこの技法に惹かれるほんとうの理由だったのです。

 

(つづく)