読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自分自身のマスターになる

瞑想歴33年・コアな瞑想体験を綴っています

人は幸せになる権利がある

「そう、私は幸せになる権利がある」

 

と同意するなら、その権利を選択する責任はあなたにあります。

 

 不幸だと嘆く人は、嘆いている暇があったら、そこからどこへ向かいたいのか、あるいはそこにとどまりたいのか、自分に問う。それだけでもちっとは軌道修正できるでしょう。

 

 ある偉大なセラピストが言いました。要点は、一つの課題に対して、あなたがどう捉えて、どうかかわるかにある、と。

 

 全くその通りなんです。

 

 Problem(問題)と、Issue(課題)というとらえ方をしてみましょう。

 

 人生には向き合うべき様々な課題があり、それは単に課題です。真摯に向き合ったなら、そこからかならず学びがあるーーこれこそ幸せへの道です。

 

 問題の先に実は願望と言うものがある。思っている通りにならない、それが問題。今起きている課題に対してあなたが難しさを感じたときに、あなたはその課題を問題視します。

 

 「こんなのはイヤだ」と言う。

 「あっちが良い」と言う。

 

 そのエゴを見守ってごらんなさい。

 

 幸せでいたいという願望に対して責任を持ってこそ、人は学び、成長していくーーこの持論に基づいて仕事をしているので、そうなっていく人々との出会いそのものが、私の成長をもたらしてくれます。

 

 幸せになるぞ! って人がいっぱいになっていくことで、天国に行かなくても、この地上に花を咲かせることができるんです。

 

 そうではないですか?

 

瞑想とすぐれた技法のコラボレーション

 

 思考に無理なく学ばせるために瞑想的空間を配慮したコースの数々は、マインドの再教育に重きを置いています。

 

「私は+*&%だ」というセルフイメージを拭い去った後に、あるがままの自分自身の一瞥を得ることで、あなたは今までにないくつろぎを体験するでしょう。

 

 ここにご紹介するコースは基本的に「自分自身から学ぶ」コースです。

 

www.reservestock.jp

 傾聴のクラスは6月にも予定されています。

 

www.reservestock.jp

 瞑想リトリートは3月連休と5月末にもあります。

www.reservestock.jp

 定期開催は1日のみですが、今回は特別に2日間を使います。