読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自分自身のマスターとして在る

瞑想歴33年・コアな瞑想体験を綴っています

エゴは最後の最後まで抵抗する!

傷ついたエゴ

 

先日受けたセッションの経緯をずっと見守り続けています。 エゴが深く傷ついたので、終わってすぐの反応は居心地の悪いものでした。

 

簡単に言うと、私はAとBのバランスを取ろうとしていた。でもBとのバランスを取るために置いていたAに執着していたために、どうバランスを取っていいのかわからなくなっていたーーという事実に気づかされたわけです。

 

傷ついたエゴは言います。

 

「Aへの執着をさっさと手放そう! やめちまえ!」と。

 

ここからが本当に「見守る」にどれだけとどまり続けられるかどうかの瀬戸際でした。

 

早く答えを出そうとするのがエゴの仕業だと気づいていても、居心地の悪さから解放されたいためにそっちに引っ張られそうになる。

 

ーー手放せば楽になる! 執着なんて良くないでしょ? 手放しはすばらしいことだよ!

 

などなど。。。

 

言わば、私がつねに重きを置いていることーーここでは手放しーーを逆撫でするかのように、明けても暮れても「手放せ!」「やめちまえ!」という考えがくっついて離れないんです。

 

見守る、観照する

 

それをただ見守る、見守る、見守り続けていると、やがてエゴはおとなしくなります。

 

観照とともにエネルギーが肚に戻ってくる感覚が起きます。

 

するとーー。

 

何でもない瞬間に、第三の道が姿を現すーー本当の解放が起きるのはそのときです。

 

そうして初めて、受けたセッションで見い出したことの真意がつかめるのです。

 

この経緯を見守れたことで、自分がセッションを提供するときに感じて来た「クライアントのエゴとどう付き合うか」に対しても、一つのヒントが得られた気がします。

 

クリーン・ランゲージのセッションでは、最後に「このセッションで得たことを十分に深めるために、少しの時間を取って絵を描いてみてください」と言います。

 

エゴが入って来ない領域に留まる方法としてその他にはもちろん瞑想があります。

 

はい、今日のオチもまたまた瞑想でしたね。

 

Skypeセッション

ところで、メルマガ読者の特典として提供しているSkypeセッションではクリーン・ランゲージのテイストも交えながら、あなたの瞑想への扉を探求してゆくお手伝いをしています。購読がまだの方はこちらから登録すれば特典セッションを申込めます。

 

①60分セッション

メルマガ読者特典・Skypeセッション:11,000円(内税)

メルマガ「自分自身のマスターになる」の読者対象です。まだご購読になっていない方は先にここから登録を済ませていただければOKです。お気軽にどうぞ。瞑想についてや人間関係、仕事など人生のさまざまな課題を扱います。

 

www.reservestock.jp