自分自身のマスターとして在る

瞑想歴33年・コアな瞑想体験を綴っています

1日たった1時間の瞑想の時間が取れないって不思議〜

1日たった1時間の瞑想の時間が取れないって不思議〜

 

 

ちょっと待てよ、と。

 

私はいま3つの重要なトレーニングを抱えてて、その最中に引っ越しをするという、ま、ちらかと言うとクレイジーなスケジュールの中、1日1時間は瞑想しているんだよね〜。

 

45分ただ呼吸を見つめ、15分歩くヴィパサナ瞑想か、Osho講話を聞きながら坐るとかですけれど、その時間は取れる。

 

というか、それがあるからクレイジーなスケジュールをこなせている。つまり、たった1時間の静寂で、残り23時間の騒がしさを制覇できるというか、十分な体制を整えることができています。

 

 

で、思ったのです。

 

「できない」っていうのは単なる思い込みだろう、と。なので、「できる」って思い込むのもいい方法かもしれませんね。

 

 

一つヒントを差し上げます

 

たとえば私が今住んでいるところから都内に出るのに、しっかり1時間半はかかる。乗り換え時間のない45分間は坐れる時間帯を選ぶ。すると坐っている間じゅう、サングラスかけて目をじ、ただ呼吸を見つめていられます。動く時間になったら、次の目的地まではヴィパサナウォークをします。

 

はい、1時間!

 

強いモチベーションがあれば、あとは工夫次第なんです。

 

ところが多くの人は、移動時間を使ってメールチェックだとか何とか、無駄に頭を忙しくしていますよね? ほとんどロボット状態。

 

で、ずっと疲れている。で、家に帰ったらもうヘトヘト。で、あとはバタン、キュー。

 

それで「瞑想の時間が取れないんですぅ〜」なんて、だれのせいかしらね?

 

そこを工夫するだけでも、もっと深い呼吸が得られるんだけれどね。

 

そして、どんなふうに瞑想に入っていけば良いのかがわからないなら、やっぱり最初は瞑想リーダーやコーチから学び、人と一緒にコツコツやることです。

 

 

=====================

 

 

自分の本質を知り、同時にこの社会で生きること

は可能です。そのことを広く人々に知って欲しい

です。

 

エッセンシャルトレーニング』=自分の本質を

知り、人の本質を伝えられる=そういう人を育て

て生きたいと強く思うのです。

 

 

5月21, 22日にイントロダクションがあります。