読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自分自身のマスターとして在る

瞑想歴33年・コアな瞑想体験を綴っています

Is that so? (おお、そうなのか)言葉と言葉の間の「空」にくつろぐこと

Is that so? (おお、そうなのか)

 

言葉と言葉の間の「空」にくつろぐこと

 

 

 

 

 

人の言葉にすぐ反応する人がいます。というか、

それは思考のクセみたいなもの。

 

相手を攻撃するわけでもなく、調子を合わせよう

としているわけでもなく、単に反応しているだけ。

 

 

反応された方は、その反応に反応します。

 

そうして、話はどんどんややこしくなる。

 

 

禅マスター白隠の美しい逸話があります。

 

ある一人の娘が、父親に反対された相手の子を身

ごもってしまいました。

 

赤子を見た父親は怒り狂って、相手はだれかと問

いつめます。

 

娘は恐れと不安から、相手は白隠だと、嘘をつい

てしまうのです。

 

父親は娘から赤子を奪い取り、白隠を訪ねます。

 

「おまえの子だそうだな! 責任を取れ!」

 

白隠は「おお、そうなのか」と言い、その子を胸

に抱えます。それから彼は、近所の乳母に頼んで

お乳をもらい、おしめを替えて、たんたんとその

子の面倒を見るのです。

 

件の娘は自分のしたことを悔やみ、赤子を慕い、

とうとう我慢しきれなくなって、父親に真実を告

げます。

 

父親はびっくりして、自分のしたことを恥じ、白

隠のところに駆けつけます。

 

「娘の嘘を信じて、あなたにとんでもないことを

した。でも、なぜ違うと言ってくださらなかった

のです?」

 

白隠は応えます。

 

「おお、そうなのか」

 

そして、赤子を父親の手に返しました。

 

父親はその瞬間、彼の無言のメッセージを受け取

り、深く頭を垂れたのです。

 

 

何か予期しないことがやってきたとき、あるいは、

人から何かを言われたとき、「そうなんだ」って

言ってみると、その「空」にくつろげます。

 

するとね、相手の言葉ではなく、「空」にある真

実がつかめるんですよ。

 

 

 

=====================

 

 

自分の本質を知り、同時にこの社会で生きること

は可能です。そのことを広く人々に知って欲しい

です。

 

エッセンシャルトレーニング』=自分の本質を

知り、人の本質を伝えられる=そういう人を育て

て生きたいと強く思うのです。

 

 

4月26日午後6〜8時半。神楽坂セラピースペー

スパレットにで説明会があります。参加は無料で

すが、お部屋の関係上、予約をしていただく必要

があります。お問合せページからどうぞ。

 

=========================