自分自身のマスターとして在る

瞑想歴33年・コアな瞑想体験を綴っています

テイスト・オブ・ミスティックローズ

自分自身のマスターになる

瞑想コーチ 斉藤 ダソです

 

 

テイスト・オブ・ミスティックローズ

 

 

最近「テイスト・オブ・ミスティックローズ」という1時間の瞑想を

愛知、大阪、東京に集まってくれたマスタリー塾のメンバーと分かち

合って、「私これ好きかも」って思いました。

 

笑って、泣いて、静かに坐る。

 

そのプロセスの中で、抑圧されていた感情が解放され、その奥にある

静けさに触れるのです。

 

 

「ほんとうの笑いには、どんな対象もない。あたかも樹に咲く花のよ

うに、自然にあなたのなかに現れてくる。そこには何の理由もなく、

論理では説明がつかない。それは神秘的だ。“神秘の薔薇”という象徴

が使われるのはそのためだ。」


「ひとたび笑いが過ぎ去れば、自分が涙や苦悩で溢れているのを知る。

だが、それもまた重荷から解放されるためのすばらしい現象だ。何生

にもわたって蓄積されてきた痛みと苦しみが消える。この二つの層に

終止符が打てるとき、あなたは自分自身を発見している。」 

        OSHO「Meditation: The First and Last Freedom」

 

 

 

 

そして、私はまたまた新しい技法を学ぼうとしている。。ほんとうに

この探求はとどまるところを知りません。

 

少しでも良いものを少しでも多くの人に提供したいから、それが、自

分に歓びをもたらしてくれるから、私はまたどこかに旅をするのだろ

うな、と思って、小さなため息とともに微笑みを感じています。

 

ひとまずは8月の瞑想合宿でもやります。

 

www.reservestock.jp