読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自分自身のマスターとして在る

瞑想歴33年・コアな瞑想体験を綴っています

無駄のないエネルギーの使い方

このところ本当に良く寝ています。

 

夜中に起きても、また寝るし、明け方に目覚めても、また寝るし、昼寝も、夕寝も、家では寝たいだけ寝かしてあげているので、電車でウトウトすることもなくなったし、夏バテ知らず!

 

私の敬愛するマスターの一人、グルジェフがよく言っていることですが、「人はエネルギーの使い方を知らない」って。

 

「ただ食事をする」「ただ寝る」ということをしないで、すべてが「〜〜しながら〜〜する」になっているんですよね。だから疲れるんです。このことに気をつけるようになってから、エネルギーの使い方がわかってきた。

 

エネルギーを意識的に一つの行為に費やすと、無駄がないので、必要最小限のエネルギーを効果的に用いることになる。そして、肉体と同様に脳も心もすべての器官をしっかり休めれば、新たなエネルギーが蓄積され、健康で、活発な存在として生きていけるんだと思います。

 

最高の状態で生きているとき、それは光の玉のようです。まりものような魂が中央にあり、そこからほわっとした光が外に向かって発されている。そして、この光の玉は微かにふくらんだり縮んだりしながら、「ただここに在る」ことを楽しんでいるんです。

 

メタファーが伝えてくれることに耳を傾けてみるというクリーン・ランゲージの一日体験を9月5日に開催します。

 

www.reservestock.jp