読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自分自身のマスターとして在る

瞑想歴33年・コアな瞑想体験を綴っています

私たちは抗えない脳の作用でウソをつくことがある、しかも頻繁に。

自分自身のマスターになる

瞑想コーチ 斉藤 ダソです

 

 

私たちは抗えない脳の作用でウソをつくことがある、しかも頻繁に。

 

 

思っていることをそのまま表現するというのは、けっしてたやすくな

いです。

 

よく目の錯覚などと言われますが(カフェウォール錯視とかミュラー

リヤー錯視などという名前がついていたりするやつね)、簡単に言う

と、同じ長さの直線の両端に内側向きの矢印と外向きのそれをつける

と、線の長さが違って見えるというものです。 

 

脳の作用はかなり複雑で、こう見えていいはずのものがそう見えない

とか、「脳が勘違いしている」なんて言われるんだけど、私たちのか

らだの全システムは基本、私たちを守るために機能しているので、脳

の勘違い、脳がつくウソなどは、つまりは本人を守るために作用して

いるわけですね。

 

するとね、「思ったままを正直に表現する」っていうことに関しては、

自分自身の中に起きていることに対して、よほどの気づきがないと、

むずかしいことなわけですよ。練習が必要というか、、、。

 

まずは正直じゃなかったことにジャッジしないこと。そして、その正

直じゃなかった行動や考えの要因に目を向けて、自分を見つめてみる

こと。これは練習です。

 

瞑想者は、自分を見つめることに長けて来るので、ジャッジが消えて

いき、落ちついたところから、自分の正直さにリンク出来るようにな

るんです。

 

 

 

 

 

 

================================

 

【自分自身のマスターになる】実践コミュ「マスタリー塾」は大阪、

愛知、東京で毎月数回開催予定。参加者が増えれば増えるほど開催頻

度も増します。お友達をお誘いの上、初回見学参加をお試しください。

 

マスタリー塾は一人でも大勢でもできる瞑想という道具を通して自立

を目指す人びとをサポートします。

 

www.reservestock.jp