自分自身のマスターとして在る

瞑想歴33年・コアな瞑想体験を綴っています

メタファー(喩えことば)は知っている

自分自身のマスターになる

瞑想コーチ 斉藤ダソです。

 

メタファー(喩えことば)が運んで来るもの 

 

 

 

私は言葉を大事にする人なので、思考の創造性を大事にしています。

 

ときどき、(私から見ると)中途半端な瞑想家とか思想家とかいう類

いの人が、思考を悪いもののように言っているのを耳にすると、「わ

かっていないなあ」と思います。

 

大事なのは思考をマスターすることであって、思考をのけ者にするこ

とではありません。思考の奴隷になるのではなく、思考の主人になる

と、たとえば必要のない時には十分な休息を与えることも含めて、う

まく使ってあげることができます。そうなると、思考と友だちになれ

るんです。

 

さて、思考の創造性をどんなふうに「うまく」使えば良いのかという

ことですが、最初に十分な休息を与えることからはじめるべきです。

 

多くの人は酷使することしか考えてないから、頭が痛くなるんです。

いくら振っても出ないものは出ない。

 

何も出てこない時はまず休憩。

 

散歩したり泳いだり走ったりなどなど自分が好きなアクティビティを

するのもいいし、自然の中に身を置くとか、温泉に入っても良いです

ね。

 

思考はきっと始めのうちはあれやこれやとガラクタを並べていますが、

からだのくつろぎとともにだんだんおとなしくなっていきます。ほら、

お風呂で「はあ〜」ってため息つく時の感じね。

 

さてさて、そんな時間をゆったりと過ごしていると、突如としてやっ

てくるすばらしいアイデアにあなたはハッとするはずです!!

 

そして、このような状況を意識的に作ってくれるのがクリーン・ラン

ゲージ技法の「メタファー(喩えことば)に働きかける」なんです。

 

9月5日(土)の体験会から2日のワークショップ、そしてイントロ

ダクションへと続きます。

 

www.reservestock.jp

 

www.reservestock.jp

 

www.reservestock.jp