自分自身のマスターとして在る

瞑想歴33年・コアな瞑想体験を綴っています

瞑想が起きる環境を作ること

自分自身のマスターになる

瞑想コーチ 斎藤だそです。

 

瞑想が起きる環境を作ること

 

 

たとえば、自宅で一人で瞑想するというときに、携帯、自宅の電話や

インターフォンの電話線などが切ってあるかどうか? 家人がいると

したら、1時間なら1時間、自分が瞑想すると決めている時間は邪魔

しないように伝えてあるかどうか? 

 

そして、何よりもあなたがあなた自身と約束しているか?

 

私は瞑想を体験するぞ! ってね。

 

先日のマスタリー塾で紹介した瞑想エクササイズ(瞑想に入る前準備

として自分を整えるためのもの)を自分でもやってみているのですが、

ある呼吸の仕方とともにこの決意ー私は瞑想を体験するぞ!ーを無意

識層に送り込むというのは、かなり的を得た考え方です。

 

そして、瞑想は起きます。

 

いま「瞑想体質を作る」をテーマにした小冊子をせっせと書いている

ので、内容に関してはしばしお待ちくださいね。Oshoの受け売りで

はなく、自分で実証してから紹介しないと意味がないのでね。

 

そうそう、こういう自分の芯になるようなテーマは、瞑想することで

マインドを完全に休ませると出て来るんです。ところが「型」ばかり

追っかけているこの社会では、成功者の真似するか、流行に乗っかる

ことに忙しくて、どっちにしても独自性というものがわかってないの

で、お金稼いでも不幸な人が多いわけです。

 

もっと幸せになろうよ!

 

続きはこちら

www.reservestock.jp