読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自分自身のマスターになる

瞑想歴33年・コアな瞑想体験を綴っています

毛布が嫌いな理由がわかったら、反対に大好きになった件

楽に生きる

毛布が嫌いな理由がわかったら、反対に大好きになった件

 

これこそ無意識マインドに働きかけることのミラクルです。

 

先日友人でもある松田依子のクリーン・ランゲージ講座で「五感エクササイズ」というのをしていたとき、出されたテーマが「毛布を感じてください」というものでした。イメージの中で私は咄嗟に目の前の毛布をはねのけたんです。あの感触が嫌い! というその感じは、ほとんど条件反射的でした。

 

でも、そのことをよくよく見つめてみると、うっすらと幼い頃の出来事が思い出されて、どうやら寝ている時に母親が荒々しく被した毛布が顔を覆って、暑かったか怖かったかしたんでしょうね。「うわっ!」という感じではねのけたんです。母は家のお商売を手伝っていてしょっちゅう忙しかったので、その忙しさがいっしょに伝わったのかもしれません。

 

ともかく成人してからもなぜか毛布を避けてきてたんです。

 

このことがあってひと月ほど後に実家に帰り、たまたま母が寒いからと毛布を出して来たんです。「いらない」と言いつつなぜか私は受け取って、初日はお布団の上にかけて寝ました。実際寒い日が続いていたので、翌日は中に入れてみました。

 

そしたら何とOKなんです。心地良く感じたんです。今までのは何だったの? というくらい平気になっただけではなく、毎日その感触を楽しみました。

 

温かい、幸せな感覚といっしょに良く寝ました。

 

今、私は毛布が欲しくって、良いのがないかしらん? と日々ネット検索しているってわけです。

 

何が起きたのか? それは松田に聞いてください。

 


クリーン・ランゲージのトレーニング・ワークショップの日程|クリーンランゲージ・ヒプノシス&NLPを使ったコーチング・白金台のサロン|Clean Discovery