自分自身のマスターとして在る

瞑想歴33年・コアな瞑想体験を綴っています

1年間ありがとうございましたと言う

元旦に家族と伊勢参りをしました。

 

私は仏教徒でも神道の信者でもないのですが、神社仏閣で感じられる純粋な「祈り」を感じるのが好きで、一般的に言われる「お参り」には積極的に参加します。

 

母が「お伊勢さんにはお願いするのではなく“ありがとうございました”と言う」と教えてくれたのが、ちょっと新鮮でした。

 

お賽銭をあげるのも神様の前で手を合わせるのも1年間お守りくださった感謝の気持ちで頭を垂れるほうが、正しい感じがします。

 

で、思ったんです。

 

これだけの参拝客がいて、自分自身の、家族の、そしてみんなの幸福を祈るために、年に一度とは言え、遠くから神社を訪れるという気力があるんだったら、環境問題にも政治にも、つまりは自分の生活そのものに対しても、その気力を向けてみるべきじゃないかってね。

 

心からありがとうと言うためには、自分自身でできることは自分でやるべきなんです。

 


斉藤 だそ さいとうだそ 自分自身のマスターになる