自分自身のマスターとして在る

瞑想歴33年・コアな瞑想体験を綴っています

才能が花開くとき

新鮮な葉っぱが育っていく!

 

f:id:dasosaito:20141228141421j:plain

樋口新葉(わかば)

 

樋口新葉と言えば女子フィギュア界の新星として注目されている13歳の女の子ですが、ほんとうに楽しそうに演技するんですね。心から楽しんでいるっていうのが良くわかります。

 

自宅にテレビを置いていない私は、盆と正月に実家に戻って家族と一緒に観るくらいの頻度なので、世間のうわさ話にまったく付いていけてないのですが、前知識がないだけにキラッと光るような才能を目にして「この子すごい!」と叫ぶと、家族がいろいろな情報を教えてくれて納得ってことになるわけです。

 

で、新葉ちゃんに戻りますが、彼女の才能は「フィギュアが好き」から来ていて、好きなことをやっているから楽しい、楽しいから技術が磨かれる、磨かれるから演技が上達する、上達するから楽しい。。。という自然なサイクルが生み出されているんだと思うんです。

 

自分のことを「負けず嫌い」だという彼女は「(大会)全部勝ちたい」と笑っていましたが、その根底にあるものを忘れないかぎり、幸せな人生をつかむのだろうという気がします。

 

才能が花開くとき

ほんとうに幸せに生きようと思ったら、自分の好きなこと、得意なことをしていくべきです。才能があるからそれができているのではなく、好きだからこそ上達するために努力し、その努力の中で才能が磨かれ花開いていくんです。

 

自分の好きなこと、得意なことを見つけるためには「自分自身のマスターになる」ことなんです。そのための手法が瞑想。そして、その瞑想モデルが「マスタリー塾」です。来年は1月16日の東京からスタートします。

 

ご興味のある方は以下からお問い合わせください。

 


斉藤 だそ さいとうだそ お問い合わせフォーム