自分自身のマスターとして在る

瞑想歴33年・コアな瞑想体験を綴っています

そのときになってから考える

家族ってなあ。。。

 

妹夫婦が仕事の関係で実家を離れてしまってからは、姪っ子と二人暮らし状態でいる母に、姪っ子が結婚して家を出たらどうするのかって愚問だと知りながらも尋ねてみたんです。ついでに「この家に住みたいのか?」「引っ越しても良いのか?」「老人ホームに入るか?」という現実的な選択肢も並べてみました。

 

「お母さんがどうしたいのか? でしょうが、。」

 

私の主張は自分の気持ちを主張しろ、です。母はそれに対して、ノーチョイスだ、というスタンスを変えません。

 

「だって、あの子らに面倒見てもらうんだから言う通りにするしかないでしょ!」ってわけです。周囲の人からは「暢気なこと言って」と言われるが、「そのときになってから考える」というのが母のポリシーのようなので、「あ、っそ」というところで会話は終了。ま、いいかってところに私も落ち着いたわけです。

 

家族ってなあ。。。

 

健康的なコミューン生活

コミューン志向で、実際にコミューン生活が長かった私は、血縁関係にあるにしろないにしろ、気の合った仲間といっしょに暮らすことがもっとも健康的だと思っています。

 

一つの空間を共有していくためにはお互いの信頼関係が大切です。信頼に伴って愛が生まれるし、そういった本質的なことがベースにあれば、面倒を見る、見られるっていったことは自然に起きるだろうし、それぞれが自分に責任を持っていられるんです。

 

自分の家を持とうと考えたことは一度もないのですが、気の合った仲間と暮らせる場所はいつも探し求めてきました。インドに6年、OZに4年暮らしたけど、やっぱり日本が良いなと思って戻って来てから10年。いまだに住みたい場所が見つからないのは、もしかして潮時なのかなという気もするわけです。

 

ま、そのときになってから考えることでしょうね。

 

f:id:dasosaito:20141227140348j:plain