読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自分自身のマスターになる

瞑想歴33年・コアな瞑想体験を綴っています

自分自身をマスターする方法?

自分自身のマスターになる

自分らしさを「知る」

 

もっともわかりやすい表現をするなら「知る」ことが、それをマスターする第一歩です。知ろうとしなければそれをマスターすることはできないでしょう。知りたいと思わなければそれまでです。

 

また、それを「知る」ためには人に聞いちゃ駄目です。占ってもらってもわからないことだし、セラピー受けたらそれが顔を出すなんて期待もしないほうが良い。

 

こればかりは七転八倒して、表ばかりじゃなく裏返してみたり透かしてみたりしながら、自分自身でよくよく検証してみないことにはわかりません。そんなに簡単に見えるものじゃないんです。

 

なぜなら自分じゃないものがいっぱい表面にくっついているからだし、それをくっつけたのは幸か不幸か自分自身だからなんです。

 

ここには「方法」ってものがない。一心に見つけようとする真剣さを持つことが鍵。そして大きなサポートは瞑想です。瞑想によって自分自身を見つめるという空間が作り出されるのでね。

 

そして瞑想というのは何もしかめっ面で坐ることじゃないんです。たとえば踊る瞑想なんかもありますね。鍵はトータリティーです。

 

f:id:dasosaito:20141114082502j:plain

 

自分の個性を「知る」

 

自分の個性を出せてないという人がいます。でもね、個性云々って言っている人ってわりと表面的なところで他人と比較していてですね、ブランドの服ばかり(まあ、それを着ていればいちおうお洒落のカテゴリーに入る気がして)選んで着ている自分に実は不満があって、どうも個性が出せていないと思っているーーすると、ますます自分らしさを見失うわけです。

 

この場合は外から攻めずに内側見るってほうが理にかなっています。自分を良く知っている人はカッコいいです。なぜなら単純に自分に似合う色とか服を身につけているーーこれだけのこと。

 

でやっぱり、瞑想の空間で「自分自身」を見つめていることがすごく役立ちます。というわけで、自分自身を知る第一歩はやはり瞑想ということになりますかね?

 


斉藤 だそ さいとうだそ