読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自分自身のマスターとして在る

瞑想歴33年・コアな瞑想体験を綴っています

瞑想しない人は”まだ”人間じゃない

頭がすっきりすることを好まない人なんているのだろうか? 数独というゲームをしていて(好きな人も多いと思うけど)全部の数字がきれいにおさまり、いわゆる”あがり!”ってなったときに、はあ〜っていうため息が出ると思うんですが、ともかくすっきり感があって、お掃除がきれいにできたときみたいに窓を開けて風をいれたくなる感じ?

 

で、思うんだけど、瞑想を好まない人ってどこかおかしいと思うんです。わざわざぐちゃぐちゃのままいる理由は何だろうって。

 

あ、もちろん数独は瞑想とは無関係です。ゲームはあくまでゲームで、単に頭がすっきりというだけ。でも瞑想は、その上に無思考の一瞥を得ることができる。そうなると、五感が研ぎ澄まされて「生きている」って感覚が戻ってくるし、それって「人間でいる」ってことでもあるんですね。

 

うん、瞑想しない人は“まだ”人間じゃないって言えるかも。もちろんそこにはその人なりの瞑想も含まれて然るべきですが、何が瞑想かわからなかったら、一度はオフィシャルな瞑想というものを体験すべきです。「人間であること」を取り戻すためにも。。

 

f:id:dasosaito:20090310102717j:plain