読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自分自身のマスターになる

瞑想歴33年・コアな瞑想体験を綴っています

グルジェフ・ムーブメンツを踊ると自分のすべてが見える

3週間のムーブメンツを振り返る心の余裕がやっとできたようです。というのも、さっきまで週末のコースの準備に追われていたからですが、一段落してお茶を飲んでいたら急にヒマラヤが懐かしく思えて来ました。

 

心に染み入る曲、努力に努力を重ねた日々、仲間たちの笑顔、真剣な練習風景、走馬灯のようにいろんなシーンが流れて行きますが、自分自身の内側にけっして動じない中心軸が育っているのが体感としてあるんですね。つまり頭だけじゃないんです。

 

で、これだけ努力していると、わかります。人が頭だけで「自分の中心にいる」とか「今ここにいる」とかほざいているのが滑稽に見えてしまうくらい。でね、こんなふうに言うと批判に聴こえるでしょうが、これはむしろ自分自身も含んで言えることなので、むしろ肝に銘じておきたいというか。。。軽々しくこういう言葉を使わないように気をつけようと思っています。

 

中心を感じたければ、まずワーリングするとか、ハラアウェアネスのエクササイズをするなど、今回習った技法をやって体験してから言うってふうに自分に言い聞かせているんです。

 

グループワークであるムーブメンツを踊っていると、人のコピーをしている自分に気づくことがあったり、頭の中で振り付けをマーキングしてる自分を見つけます。それではまず一生自分のものにはならない。実際に体を使って覚え込まないといけないのだというのを今さらながら学びました。

 

またムーブメンツを上手く踊るとか完璧におぼえるなどということにとらわれるのではなく、内面を見守るインナーワークがセットになっているのだ、ということもあらためて深く理解できたんです。

 

あと、リーダーの言葉で印象的だったのは、他人の批判が生まれた時に「その相手をどんなふうに手助けできる?」と自問してみる、というのを聞いたときハッとさせられました。このことはしっかりおぼえておこうと自分に約束しました。するとまったく違った視点が見えてきます。

 

私にとってムーブメンツはまったくピッタリの瞑想です。

 

次のチャンスは11月16日です。

<神秘の瞬間に気づく>

 


11・16 グルジェフ・ムーブメンツ with Premraj