読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自分自身のマスターになる

瞑想歴33年・コアな瞑想体験を綴っています

最高の状態で◯◯しているとき

あるがままの自分

最高の状態で◯◯しているとき

 

クリーン・ランゲージのリソースワークの中で私たちは「最高の状態で◯◯しているとき、それは何のようですか?」という前提文にあてはめた練習をします。

 

◯◯には「散歩」「料理」「踊り」「泳ぐ」などなど、その人が楽しむ行為を入れます。最高の状態でその行為をしているときのことを喩えを使ってふくらませていくのですが、結果的にそれはその人のリソースをふくらませることになります。

 


clean language

基礎編ではこれを使えるようになることが最初のステップです。それは自分自身の持っている豊富な能力、自分という存在のすばらしさに目覚めるためであり、人として生きていくことの自信を持つためです。

 

まあ、中には「技法をマスターしなきゃ」って焦る人もいますが、コースの目的はあるがままの自分でいることに自信をつけることなんです。

 

リソース(資源、能力)

 

この言葉「リソース」などもいい例ですが、私たちが海の向こうから仕入れた言葉で日本語に置き換えられていない言葉の一つです。他に「アウトカム」「モデリング」なんてのもありますが、いま翻訳チームはこれらのカタカナ用語をきちんと日本語で訳す努力をしている最中です。

 

こういう努力もリソースの成せる技なんですね。

 

そして、そういう努力をしていくことで私が伝えたいことは、技法じゃなく自分自身が持っているもの、人としての在り方、生き方についてなんです。

 

そのテーマがあまりにもはっきりしてきたのでブログをタイトルを変えました。

 

自分自身のマスターになる

 

タイトルはそのままの意味を表しています。本来なら「自分自身のマスターで在れ」と言うところですが、そう在ることに向かって「なる」を目指すことかな、と。

 

もうじきヒマラヤに発つので、今準備中のメルマガがリリースするのは11月過ぎになります。お楽しみに。