読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自分自身のマスターになる

瞑想歴33年・コアな瞑想体験を綴っています

自分らしさを見いだすこと

自分らしさ

世界におはようございます!

 

こんな気分になったのは久しぶりです。

 

私はインドのプネーにあるOsho瞑想リゾートで1996年から6年間、「瞑想としてのワーク」というプログラムに参加し、目覚めた人びとと過ごしてきました。その体験をいま分かち合うときが来たと確認しています。

 

瞑想というと多くの人は黙って坐ることだとイメージすると思います。「わ、苦手」とか「怖い」とかすぐに反応する人は実は瞑想の深みを感覚的に感じ取っているんですね。その通り、瞑想は遊びではないので、怖いし、深いです。

 

ところがOshoのアプローチは現代人に合った形にクリエイトされているので、馴染みやすいんです。つまりやる気になるし、続くということ。

 

瞑想的にワークをするというのを体験すると、一度にいくつもの仕事を抱えても平気になってきます。なぜならその状況の中で意識が覚醒していくからです。最初は山ほどの抵抗が出ますが、そのうちストレッチされて平気になってくる。するとおもしろさが増すんですね。

 

なぜ私が自分らしさを見いだせたのか、その鍵はここにあったって気がついたんです。当面そのことを書いてみようと思います。

 

f:id:dasosaito:20140910080419j:plain