自分自身のマスターとして在る

瞑想歴33年・コアな瞑想体験を綴っています

一枚の神聖な葉っぱ

無意識マインドから湧き出る知恵

 

ずっと考えているテーマがあって、寝ても覚めてもの状態なのですが、ふと気がついたことは無意識マインドからやってくる情報が意識マインドに伝達される瞬間に、「貯蔵庫から知恵がふっと沸く」という感覚があることです。

 

別のたとえことばで言うなら、「一枚の神聖な葉っぱがそっと手渡される」とも言えるかな? それが神聖だと言うのは、その葉っぱが絹のように薄くて、でもしっかりした素材のものだからです。

 

そしてこのとき大切なのは葉っぱではなく、受け取るなのですが、寝ていても起きていても、意識的でいるときにのみ、この手はちゃんと受け取るんですね。だって、このそっとはほんとうに繊細なんです。

 

結局のところ行き着くのは瞑想ですね。。。この情報もそっと手渡してみているんですが、どんな人が受け取るのかしらね?

 

f:id:dasosaito:20140902062538j:plain