読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自分自身のマスターになる

瞑想歴33年・コアな瞑想体験を綴っています

自分らしさとは? 個性とは? って尋ねるとき

自分らしさと個性

大切なのは魂の渇き

 

自分らしさと個性は違うってことをずいぶんまえに書きました。そして、それはもちろん私のマップです。同じくそれぞれの人がそれぞれの考え、印象、捉え方、感想を持っているはずです。

 

それよりも私が関心のあるのは「それって何?」って尋ねるときにその人の内側で起きていることです。つまり、どういうところからこれを尋ねているのかってこと。

 

単に情報として捉えたいのか、心から知りたいと思うのかで、答えも違って来ると思うんですね。単語の意味は辞書で調べれるけど、何だろう?って尋ねるときに、自分の深みにある魂の渇きが意識できたら、答えはやってきます。

 

それが私の経験したことなんです。

 

28歳の年に私はほんとうに渇いていました。私って何なんだ? 何で生きているんだ? ここで何をしようとしているの? だれも答えてくれない問いだってどこかでわかっていて、でもいてもたってもいられずに北インドのラダックを目指したんです。

 

人のいないところに行きたかった。きっと完全に自分といたかったんだと思います。そして、意識的であれ無意識的であれ日々自分に問いかけ続けたんです。

 

1ヶ月半後に帰国し、不思議な感覚に気づきました。まわりの人たちがすごく早く歩くんです。何でだろう? って思ったら、私がゆっくり歩いているんですね。笑っちゃいました。

 

それから瞑想に出会い、ふたたびインドに行くんですが、その一連の出来事の中で私の魂を救ったのは、Oshoでもなければ存在でもない。私自身の魂の渇きだったんです。

 

いまさまざまなワークショップを提供しているのは、この体験に基づいて、この体験を分かち合いたいからです。集客セミナーだろうがクリーン・ランゲージ技法のトレーニングだろうが、文字通り手を替え品を替え人びとの魂の渇きに呼びかけているんです。

 

さらなるインフォメーション

 

無料ステップメールクリーン・ランゲージ講座は、現在80人の方たちに購読されている42日間の価値ある記事です。クリーン・ランゲージの全容が得られます。

 

その他各種の技法を駆使した個人セッションのページもあります。

 

ごらんになってみてください。