自分自身のマスターとして在る

瞑想歴33年・コアな瞑想体験を綴っています

自分らしさを取り戻せるんだとしたら

そもそも「自分らしさって何?」というところを明確にしておくことも大切でしょうが、その前に、「取り戻したい」という人の場合は、その表現から察するに、かつては「自分らしさ」に対する認識があったということだと思うんです。

 

そして、それを思い出せないでいる、あるいはすごくはっきりと「自分らしさ」を認識していて、たった今はそうではないということに気づいているということですよね?

 

後者の場合は、そうじゃない自分のことに「気づいて」いるわけだから、それはとっても良いニュースです。否定的なことでもなんでもない。「気づけている」人は、自分のペースでちゃんと「取り戻す」から。。。

 

思い出せないでいる人の場合も、まあ同じことですが、その事実に対してたぶん否定的な考えを持っているんじゃないかと推測します。

 

社会の垢にまみれて自分らしさを失い、別の人柄を演じて、どれがほんとうの自分かわからなくなっているーーそんな人はいっぱいいるし、そういう時期ってどんな人にもあったんじゃないかと思います。

 

ただ、それに気づいたら、その事実を認めることじゃないかな? そうすれば、気持ちが楽になるし、くつろぐとほんとうの自分が顔を出すのにそんな長い時間はかからないです。

 

「気づき」「容認」「受容」ーーってことかな?

 

さて、最初の発言「自分らしさって何?」に戻ると、これに関して論じる気なぞさらさらないので、体験しに来てくださいっていうしかないです。

 

今秋からインテンスなワークを提供していく所存でおります。ハードコア系、アクティブ系、でもって、エンジョイ系の瞑想に興味ある人たち、丸ごと引き受けます!

 

自分らしさの旅・セルフポートレイト「自画像」

 

メルマガ購読はこちら