読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自分自身のマスターになる

瞑想歴33年・コアな瞑想体験を綴っています

自分らしさって何ですか? ってだれに尋ねているのでしょう?

自分らしさ

大切な問いは自分に尋ねようね

 

結論から言うと、こんな大切な問いは自分に問うべきです。だって、人に聞いてもその答えは観念論でしかないのですから。。。

 

観念、つまり頭の中の考えは過去のデータに基づいています。その膨大な記録ページに書かれたことを辿るにしても、ピンポーンなんて答えが出るはずがない。

 

なぜなら、この問いをしている人、あなたは、あなたなりの意図があって聞いており、答えはその意図に沿ったものでなければならないのです。

 

仮に観念的に「なるほど〜」と唸るような回答があったとしても、それをもってしてあなたの人生が変わるなんてことは眉唾です。たぶんしばらくすると、同じ問いが形を変えて出て来るでしょう。

 

「自分らしさはわかった。でも、私はこんな自分で良いのかしら?」なんてふうにね。

 

本気で尋ねてみるのなら

 

ここにはまずこの問いに対するあなたの真剣さが必要です。

 

誰かがあなたに何かを尋ねた時のことをちょっと想像してみればわかるでしょ? 相手がどれだけ真剣かで、あなたはその人に耳を傾けますよね?

 

それと同じように、あなたがあなたの内面にこの問いをしっかり投げかけてみたら、そこから出て来ることは、他人の観念を超えたものなんです。

 

そして、ほんとうに問うのであれば、真摯な気持ちで、その問いとずっといっしょにいることです。自分らしさって何? というのを禅の公案にして、それと歩き、それと食事を楽しみ、それと寝て、それと一つになるまで徹底的に問い続ける姿勢が大事なんです。

 

でね、これを一人でやるよりも、みんなとやる方がお互いをサポートする、というのが秋から始まる「自分らしさの旅」ワークショップです。

 

11月1、2、3日(土日祝)自画像とWho is inリトリート

 

11月16日(日)グルジェフ・ムーブメンツ

 

ごらんになってみてください。