読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自分自身のマスターになる

瞑想歴33年・コアな瞑想体験を綴っています

自分らしさとは? 個性とは?

個性とは何か?

 

個性については、いろんな捉え方があると思いますが、私は、個の持つ性質、性格のことという辞書の解説がもっともしっくりきます。

 

そして、「あなたの個性を大切にしましょう」ということには賛成なのですが、それに同一化してしまって、自分らしさを見失っていくケースもあるのではないかと思うんです。

 

こういう話題になると、読み手は個性と自分らしさがどう違うのだろうって、きっと首を傾げるでしょうね。そのくらい同意語になっているので、確かにわかりずらいです。

 

そもそも日本語の乱雑さにうんざりしている私は、ぶっちゃけ好きに解釈してもらいたいんですが、それでは記事にならないので、後述にも書いていますが、気になる方は、「自分らしさと個性」を読んで頂きたいです。

 

でもって、そこをすっ飛ばしちゃう方は、以下へどうぞ。

 

自分らしさの探求

 

自分らしさを探求していると、その探求が深まるたびに、これは一生ものだ! という確信のようなものがやってきます。

 

自分らしさとは何か? って頭で考えると、出口のない迷路に入り込むのがオチです。それはその問いを生きてこそわかるものーー自分を見つめて、自分を生きて、その生きざまの中で見えて来るものです。

 

だから「シリーズ・自分らしさを追いかける旅ってことになるんだけど、この自分らしさをイコール個性だって言われると、私は異論があるんです。

 

そのことは「自分らしさと個性」でも書いていますが、簡単に言うと、個性は後付け。自分らしさは、その存在から放たれる音色芳香として、私はとらえています。

 

その人の音色、私の音色、自分らしい音色は、出そうと思って出せるものではなく、勝手に出て来るものなんです。音楽を奏でるのとは違います。

 

芳香も同じで、香水をふりかけたり、精油を塗り込んで匂いを作るのではなく、その人がそこにいることがその香りだけでわかってしまうようなことなのです。

 

そして、ひとたびそれらを知覚したら、自分の音色や、自分の芳香を「これだ!」って見つけたら、まずは「いい感じ」がやってきて、それからホッとして、なぜか微笑みがもれるんですよね?

 

ほらね、そう言えばほとんどの人は頷くじゃないですか? だからね、「自分らしさとは何か?」なんて考えなくて良いです。自分らしさは、体験してはじめてわかることなんです。

 

(この記事は以前書いたものですが、再編集して投稿するとどうなるかの実験中です。ご了承ください)