自分自身のマスターとして在る

瞑想歴33年・コアな瞑想体験を綴っています

何で私を選んだの?

自分らしさを認識した言葉

 

昨日はとてもいいお天気でした。町を歩いていて、自分の影にふと目を止めたとき、それは起こりました。大昔に恋人に言われた言葉がどこからともなく浮かんで来て、「これかな?」っていう感覚がハートに広がったのです。こんなふうに書いても、何のこと言ってるのかわからないですよね? 

 

そのくらい微かで、そのくらい短時間に起きたことなのですが、私がたぶん生まれてはじめて、自分らしさを認識した言葉がよみがえって来て、「ほらこれだよ」って感覚を与えてくれたのです。

 

温かい陽射し、心地良いそよ風に髪がなびいているのが、自分の影に映って。。その瞬間、彼の言葉とオーバーラップしたんです。

 

私が「何で私を選んだの?」って聞いたら、彼は「何でかなあ、、、」って言ったあと「そうだ! 横断歩道を渡るあなたの姿がなんか良かったんだよな。長い髪が風になびいていて。。。すごく温かい感じがしたんだよ」って。

 

時にはあなたのパートナーに聞いてみると良いんじゃないかな? 一人者なら親友にも聞けるよね? 「なぜ私を選んだの?」って。

 

人はけっして一人で生きているわけじゃない。みんなつながりを求めるのはとても自然なこと。そして、恋人同士のように、「この人」ってハートがいう瞬間は、お互いが全面的に「自分らしさ」を表現しているときなんだと思います。

 

ラポール

一般的には信頼関係と訳されるこの言葉はフランス語がそのまま英語になった言葉。たまたま本棚にあった仏日辞典を見ると、Rapportとスペルも英語と同じで、関係、関連、類似点、共通点となっていますが、「共通点」というのが今日のテーマにしっくりきます。

 

恋人同士、親友同士にはもともと何か共通点がある、あるいは関係性の中で培っていかれることで、その関係性が成り立ちます。

 

いま、「つながり」をテーマに構築しているメルマガがあるんですが、きっとラポールについて書きたいんだなって、気がつきました。

 

というわけで、これまでのステップメールやメルマガを一新する時期に来ているようです。お楽しみに!