読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自分自身のマスターになる

瞑想歴33年・コアな瞑想体験を綴っています

自分らしさがわからないなんて言わないこと

あるがままの自分

コミュニケーションが苦手というレッテル

 

自分らしさがわからないとか、自分のことを知らないと思ってしまうのって、辛いことですよね。でも、多くの場合は「誤った自己イメージ」または「思い込み」があるがままの自分を知るための障害になっていると思います。

 

私はもう20年近くセラピストをしてきています。そのクライアントさんたちとの出会いの中で観察して来たことなんですが、仕事上で理不尽な扱いを受けて、失望し、仕事を辞めたくなるというケースは実に多いんですね。そして、その内容を聞くと、たいていミスコミュニケーションなんです。言いたいことが言えていない、または伝え切れていない、ということ。

 

おまけに組織って、けっきょくリーダーが主導権を握るので、リーダーと食い違いが起きた場合は、だれもサポートしてくれない。あるいは同僚との場合も、積極的に間を取り持ってくれる人がいない。つまりだれもが「他人事にはかかわりたくない」という態度を取ってしまうんです。

 

するとあなたはますます孤立しますよね?

 

気持ちが伝わらない、悔しい、残念、心残り、、、行き場のないさまざまな感情のせいで、たいていは自分を責めてしまう。あるいは自分の中で解決を付けようとする。でもそれってある意味、自分をごまかすことなので、だんだん「ほんとうの自分」以外の自分になっていくんです。

 

結果、「コミュニケーションが苦手な私」というレッテルが貼られます。

 

自分らしさは今ここにある

 

もしあなたがそう思っていたとしたら、今こそ自分らしさを見つめ直すときです。それは正真正銘のあなたなので、どこかに消えてしまっているわけではないんです。そこに意識を向けてあげることで、あなたの無意識の心が変わり始めます。

 

それを思い出すことで、もともと薄っぺらな紙切れでしかないレッテルは自然にはがれていきます。あきらめないで、ほんとうのあなたを取り戻しましょう。

 

そのために何ができるかというと、まずはからだの感覚に戻って来ることです。からだはつねに「今ここ」にあるので、そこに意識が向くと、、、ほら深呼吸が起きるでしょ? 

 

そして、どこかホッとする感じがやってくるはずです。そのとき、頭の中でごちゃごちゃ考えていたことはちょっと遠のいているでしょ? 

 

その瞬間、あなたはここにいるんです。これを何度か繰り返していくとね、あなたの無意識の心が学習しはじめるんです。やってみてくださいね。

 

そして、私がお手伝いできることは、以下の二つです。

 

自分らしさに出会う旅 

 

自分らしさを体験しようという21日間のステップメールを書いています。良かったら読んでみてください。お申込みはこちら⇒⇒⇒ 

 

 6.15(日)には1日の体験会もあります。詳細はこちら⇒⇒⇒