読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自分自身のマスターになる

瞑想歴33年・コアな瞑想体験を綴っています

自分らしさがわからない

自分らしさを取り戻す

自分らしさがわからない

 

わからない」と言う前に、「自分らしさって何だろう?」って考えてみませんか? その答えを早急に求めるのではなく、最初に「自分らしさを知りたい」と思うことです。

 

それだけでも、「自分らしさを取り戻す」方向付けになります。言葉って、不思議なもので、反復するごとに自分の内側に浸透していく作用があるんですね。

 

試しに「わからない、わからない、わからない」というふうに「わからない」を連発してみてください。すると、頭が馬鹿になったかのように、「わからない」の空間に行く感じがしませんか? 逆に「知りたい」「知りたい」とつぶやくと、「知りたい」に意識が集中していくんです。

 

マインドの教育

 

マインドをそんなふうにきちんと教育すると、マインドは学習し始めます。最初にマインドの本質を知ることです。

 

たとえば、こういう光景は簡単に想像できるはずです。

 

町中である人がビルの上の方を指して「あれ、何だろう?」って言ったとしたら、すぐにもまわりに人だかりができて、みんな同じ方向を向きます。人だかりはどんどん大きくなるでしょう。そして、みんな口ぐちに何かを言いはじめるはずです。

 

マインドはこんなふうに指差された方を向くんですね。

 

なので、私たちが問題の方ばかりを指差して、「わからない、わからない」と言っていたら、マインドはその方向だけを見ることになり、いつまで経っても「わからない」わけです。

 

わかってきましたか?

 

自分らしさって何だろう?」から「自分らしさを知りたい」になって、「自分らしさを取り戻そう」というところまで教育していくと、「取り戻す」方向で「自分らしさ」を考えるようになるので、すごく自然に「自分らしさ」は戻って来ます。

 

疑っている人は、まず「何だろう?」から始めてみることですね。

 

やがては「自分らしさが好き」というところにたどり着けるとしたら、やってみる価値はあるんじゃないでしょうか? そして、いったんそこにたどり着いたら「自分らしさを抱きしめる」ということをしてみると良いです。

 

そしたら、もう二度と「自分らしさ」が消えてしまうことはないでしょう。

 

 

自分らしさに出会う旅 

 

自分らしさを体験しようという21日間のステップメールを書いています。良かったら読んでみてください。お申込みはこちら⇒⇒⇒ 

 

 6.15(日)には1日の体験会もあります。詳細はこちら⇒⇒⇒