自分自身のマスターとして在る

瞑想歴33年・コアな瞑想体験を綴っています

自分らしさを生かす文章とは?

返事がスラスラ書けると。。。

 

先日クライアントさんからいただいていたメールの返事がすぐに書けなかったので、さっそく友人にクリーン・ランゲージの質問というのをしてもらったら、自分の感情的な部分で起きていることがクリアーになり、相手の感情に巻き込まれない形で応答できるという体験をしました。

 

そこで、今朝のテーマはーー

 

「質問の力」について

 

私たちのマインドは、何かを尋ねられると、その方向を向くというか、その答えを探そうとして働くという質を持っています。「言葉の力」を応用した形のありとあらゆるセッションは、言わばそのマインドの作用を効果的に使っていることになるでしょう。

 

最近私が研究、実践しているクリーン・ランゲージは、その力を最大限に生かせるツールだと理解します。使えば使うほどその効果が実感できるので、今のところ私の中では心理問題から具体的な優先順位を決めることまで、かなり多様に使える道具として位置づけられています。

 

そして、なおかつ、心理的な問題を扱うセッションに使う時には特に、ツールの持つ有効性に頼るのではなく、提供するセッションそのものの「クオリティー」を忘れないよう心がけているんです。

 

これは私にとって、いくら良い車に乗っていても、危険な運転をしていると同乗者は居心地悪いというのと同じなんですね。当たり前のことに聞こえるかもしれませんが、道具が優れている(多くはそういう思い込みですが、)と、ついついそれが仕事をしてくれるような気になってしまうこともあると思うんです。

 

そういう意味でも、いつも自分に問いかけていることは大切かな、と。

 

文章がスラスラ書けても、言葉の力が扱えるようになっても、自分らしさが死んでしまうような言葉の使い方をしていると、それは正しい使い方ではないでしょう。

 

自分らしさを生かす文章とは?

 

じゃあ、自分らしさを生かす文章って何だろう? って言った時に、クリーン・ランゲージの基本の問いの一つ「何がどうなればいいのでしょう?」を自分自身に問いかけていると、そこから次々にやってくる情報が、スラスラにつながっていくんですよね〜。

 

このテーマで書いているメルマガが「ヘタな文章もみがけば宝」です。良かったら読んでみてください。

 

あ、あとね、ブログなんかの場合は十分な時間も必要です。が、今日は早くからお仕事なので、この辺で。。。