読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自分自身のマスターとして在る

瞑想歴33年・コアな瞑想体験を綴っています

自分らしく生きることは豊かな人生を生きること

人はみんなユニークだ

 

私が「◯◯はユニーク(個性的)な人だ」って言うと、私のヒプノシスの先生は、「人はみんなユニークだ」って返すんです。

 

何度かそのやり取りを繰り返していくうち、ああ、そうかあ。。って気がつきました。自分がどれほど「ユニークさ」ということにこだわりを持っていたかがわかったんです。

 

私には幼い頃受けた心の傷がありました(もう過去形ではあるんですが、けっこう深かったので、まだ傷跡がポカンと穴があいた感じはは残っているかも)

 

そのせいで、人より目立つことは大切なことだったんです。

 

個性的でいる、人とは違ったことをする、そして、その「したこと」を人びとに認められること、イコール「私」の存在価値を高めてくれるのだという思い込みゆえに、しんどい思いをいっぱいしてきたなあって。。。

 

だからかなあ、、、一生懸命個性的でいようとする人、自分がどれだけユニークなのかっていうのを必死にアピールする人を見ていると、ちょっと心が痛みます。

 

私の先生が言うように人はそれぞれにユニークな存在だというのがほんとうです。そう言えば、ある人が言っていた言葉を思い出しました。

 

地球上の花がバラだけだったら、きっとすごく退屈だろう、ユリや、マーガレット、いろんな花があるからこそ、地上は豊かなんだって。

 

たしかに、道ばたのたんぽぽを見ても、微笑みが洩れるのって、豊かな人生ですよね。