読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自分自身のマスターとして在る

瞑想歴33年・コアな瞑想体験を綴っています

Be Yourself! 自分でいること

頭が混乱しているだけ

 

自分のことがわからないなんて言っちゃダメだと思う。そりゃだれだって、頭が混乱して「いま何が起きているんだろう?」ってことはあるけど、自分のことがわかるのは、自分しかいないでしょ? 

 

他人にわかるのはあくまで表面のところでしかないし、ときどきチラッと垣間見せるというか、見られちゃったというか、「今のがほんとうの私なのよ」ってとこをを見せちゃったかなあ〜? ってことはあっても、それで、その部分がある種の印象を与えるってことはあったとしても、だからと言って他人がわたしのことを全面的に理解するなんてこと、あり得ないと思います。

 

占いとか、性格判断とか、あれやこれやのセラピーとかに頼るのは、自分のことがわからなくなったときなんだけど、簡単に言うと、それってつまり頭が混乱しているときってことでしょ?(複雑に言っても同じことだけど ^^; )

 

頭が混乱しているときって、くつろいではいないので、からだにも影響が出たりします。

そう言えばこの前、緊張状態が続いて歯痛があったんですが、家に戻って温泉でひと風呂浴びたらすっかり痛みがなくなったんです。からだと思考の関係って(あたりまえなんだけど)すごいですよね!

 

ということは、まず頭をリラックスさせることを考えるのが得策ですよね? 

 

通常、多くの人は、テレビの前でぼ〜っというのか、アルコールや美食をとってはああ〜っていうのか、セックスとかアスレチックスとかリラックスキットとかを使ってイエイ! っていうのとか、ま、とにかく、手近のものを使って「ストレス解消!」をするわけですが、それ以外にできることがあることに意外にみんな気づいていないふうです。

 

頭の混乱は呼吸に関係していて、緊張している人ほど呼吸が浅くて、緊張している人ほど混乱しやすいんですよ。

 

近所の温泉に行ったときのことです。露天風呂でのんびりしていたら、一人の女性が話をしているのが耳に入って来たんです。50代くらいかなあ、、、相方はただ聞いているんですが、その女性のおしゃべりは息つく暇もないくらい続くんです。私はただただ彼女の緊張した声が気になっていました。

 

彼女が言います。

「でね、ちょっと痩せようと思って炭水化物を抜くことにしたの。ごはんはお茶碗半分、パンは食べないことにしたの。まあ、もともとあんまり目玉焼きは好きじゃないしさ」

 

私のマインドが言います。

ーーこの人の中ではパンと目玉焼きはセットらしいな。

 

彼女が続けます。

「おやつは菓子パン一つ。夕飯はお昼の残りの焼き魚とポテトサラダと、、、」

 

私のマインドがリアクションを起こします。

ーーそれ炭水化物ちゃうんか?

 

彼女が言うには、、、

「でね、夜7時頃にはもう夕飯も食べ終わっていて、そのあとは何も食べないの。それでだいぶ痩せたのよ。それでね、最近はまたちょっとずつ食べる量を増やしているの」

 

私のマインドのリアクションはピークに達し、湯船を出るフリをして聞き手の顔を見てしまいました。もう一人のおばさんの困った顔が今でも脳裏に残っています。

 

世の中の情報のすべては、人びとを惑わせる力を持っています。この女性のように「良いらしいよ〜」が片方の耳から入って来て、もう一方の耳から出て行き、「好きな物食べたいしぃ〜」が別のところでファンクションを起こして、わけのわからない行動を取らせている例はいくらでもあります。

 

私自身にもそれは起こるし、起こっても無理はないなと思うほど、世間に溢れる情報はアブナイものだらけです。

 

「へえ、そうなんだ」って言った直後に「え? でもそれってどういうこと?」みたいなことって良くあると思いませんか?

 

でも、惑わされるのはあくまでマインド。自分らしさを保っていれば、この社会にいても生きていける。ただ、私はこの社会にしたがおうとは思わないです。地球はこの社会のものじゃないし、ましてや人間だけのものじゃない。私のものでもない。

 

ただ私は全存在の一部として、自分らしく生きていく権利があるし、そのことを主張して生きていくだけです。

 

Be Yourself! 自分でいること

 

鳥や木々や花々のように、ただそれで在ることが私にできるすべてです。

 

鳥や木々や花々のように呼吸するってことを自分に言い聞かせているんです。つまり、あたりまえにいるときの呼吸って、緊張がなく、楽だから、深くも入るし、じっと観察していると、呼吸している私がいない瞬間がやってきます。

 

呼吸がただ起こっている瞬間ーーこのことを分かち合いたいんですね。

 

6.15(日)の1日ワークショップに、自分らしさ体験講座なんて地味〜な名前を付けているのは、それを見つけて来る人がかならずそれを必要としているというのを信頼しているからです。

 

鳥や木々や花々のように、今日もステキな一日をお過ごしください。