読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自分自身のマスターになる

瞑想歴33年・コアな瞑想体験を綴っています

自分らしさは宝なんだよ

自分らしさ

瞑想があればセラピーはいらない

 

今日は再び愛知県豊田市に向かいます。毎年この時期に開催する瞑想リトリートのためです。今年の参加者は何と10名以下という(一般的な見方では)思わしくない人数なのですが、私たちはそんなことよりも参加者がいるということの方が大切です。

 

私も、もう一人のファシリテイターも「何でみんな来ないんだろうね?」って顔を見合わせるのですが、世間一般では、まだまだ資格付きとか、何かが得られる感じがするものの方に人びとの関心が向かうようです。

 

肝心なのは中身なのに、外側から固めたいのよね、みんな。

 

内側のゴミを放出して中心が定まれば、自然に外側がすっきりきれいに整って来るのに、いつまでもごちゃごちゃでいたいんだよね、みんな。

 

時間がないとか、お金がないとか、言い訳いっぱいして、それでも「おいでよ!」って言ってほしいらしいけど、こればかりはね、自分の意志がないと、どうしようもないわけよ。

 

ってことをこのリトリートを開催するたびに教えられるので、私にとっては何よりも大切な年に一度の一大イベントです。

 

瞑想があればセラピーはいらない、という位置に立ってセラピストをやっているので、瞑想の受け皿は山ほど用意してあるのですが、「め」というだけで、からだを捩っちゃう人もいたりして、、、。あ〜あ、早くお払い箱になりたいって思うわけですよ。

 

瞑想は一人でできることで、一人でするものです。セラピストに頼っても良いから、同時に自分の面倒は自分で見る方向を向いて行かないと、人助けなんてできないでしょ?

 

というのが、いつも生徒たちに口を酸っぱくして言っていることです。そして、それを言えるためにも、自分が瞑想していないとね。

 

というわけで、明日の午後から3日間、完全休業です。

 

自分らしさを宝物にするには

 

自分の自分らしさは宝だって言えるようになったら、人間一人前! それまでは、セラピーでも気休めのあれこれでもやっていれば良いでしょう。でもさ、いつまで?

 

自分のことが好きになれないなんてなんて不幸なんでしょう。。。でもさ、そんなことって普通に考えてあり?

 

自分のことをしっかり見守ってあげれるのは自分自身しかいない。この事実を受け入れることから、何かが始まると思うんですよね。