読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自分自身のマスターになる

瞑想歴33年・コアな瞑想体験を綴っています

面倒見のいい私がいます

自分らしさ

人のことはほっときゃいいのにね

 

ほんとうにそうなんです。人のことだからほっておけばいいのに、つい口出ししたくなって、あれやこれやと助言したくなる。ガキの頃からそういう性格で、面倒見がいいために、先生にいろいろ頼まれ事をすることが多かったです。

 

身障者の子どもたちで、付き添いさえあれば通学できるような子たちは、かならずと言っていいほど私が手を引くことになっていたり、小学校から中学校までは学級委員だったりとかね。

 

けっしてそれを楽しんでいたわけではない気がしますが、成人してからも、つねに目立つ位置に立たされていたなあと思います。

 

でね、いつの頃か、どうせそうなら、教えるとか、人のケアをするという役割をした方が自然かも、と思うようになり、今のクリーン・トレイナーという仕事におさまったんです。そして、やっとのことで、「人のことをほっておくためには、彼らが自立するようにトレーニングすることだ」というのがわかったんです。

 

それでも、面倒見がいいのは私らしさ?

 

と言いつつも、やっぱりあれやこれやと人のお世話をしたくなるのは、もう天性のものかもしれません。なにせ、私のサニアスネーム(**注)というのは、Deva Dasoと言って、英語の訳は、a survant of Godとなっていたので、神の召使いつーことになるんですね。

 

ああ、ここにも出て来るもんなんだ、って思いましたが、なんか世話焼きのイメージからは抜けたかったので、「人びとの神聖さに仕える」なんてことを自分に言い聞かせてました。

 

どうでもいいっつーに。

 

だからクリーン・ランゲージという手法をマスターして、その人の望んでいることにフォーカスするだけで、本人が答えを見つけていくというのを体験的に理解していくことが、どれほど役立ったかしれません。

 

自分らしくいて、そこから物事にかかわりたいと思っている人にはほんとうにお勧めなんです。

 

コーチのためのクリーン・ランゲージ無料メルマガ購読申込み

 

 

(**注)

インドの覚者Oshoの弟子たちを一般にサニアシン(探求者の意味)と呼ぶ。そして、探求の道を選ぶ者に与えられる名前があり、それをサニアスネームと呼ぶ。