読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自分自身のマスターになる

瞑想歴33年・コアな瞑想体験を綴っています

自分らしさを知ることほどシンプルなことはない

自分らしさ

楽なれば生なり

 

私が好きな格言に、「楽なれば正なり、正なれば楽なり」という言葉があります。老子の言葉ですが、はじめてこの言葉に触れたとき、私は確かまだ高校生くらいで、深い意味はわからないのですが、「へえ〜、老子ってすごい!」って思ったんです。

 

それからですね。シンプルさ、あるいはベイシックというところに興味を持つようになったのは。。。

 

何を学ぶにしても、この二つは鍵です。

 

それに、だれにでもわかるでしょ?

 

ややこしく考えても所詮マインドの考えること

 

特に男性は(ってジャッジするつもりはないけど、だいたいこれまで会ってきた男性はそうだったのでね)女から見ると、物事をややこしく考えがちです。

 

女性のややこしさは、単に無知、または考えたくない、の現れでしかないので、ま、かわいいもんです。ちょっとくすぐればすぐほどける程度のもつれ。

 

ところが男性のそれは、いったんややこしいところに傾くと、眉間に皺がよるほどややこしくって、ついていけないんです。そこまで言ったところで、所詮マインドの言っていることだということに彼らは気がつかない。

 

で、どんどんややこしくする。

 

老子が言っているのは、楽=正。

 

それだけなんだよね。

 

だから、自分らしさを知る、をややこしく考えなければ、チョーシンプルにわかるってこと。

 

わかった?

 

 

 

無料メルマガ購読はこちら