自分自身のマスターとして在る

瞑想歴33年・コアな瞑想体験を綴っています

自分らしさ体験講座

今ここにいる自分らしさを体感すること

自分らしさを体感するなんていうこと自体、奇妙に聞こえるかもしれませんが、ここ数日東京に出ていて、電車の中で目を閉じていたときに、急にこの考えがやってきたのです。

 

駅のプラットフォーム、電車の中、どうにかすると歩きながらでも、ほとんどの人の手にスマホがあります。きっと、その小さな世界を覗き込んでいる間だけは、自分一人の世界にいられるので、楽なんでしょうね。

 

でもね、スマホを持っている手が小刻みに震えている人もけっこういます。そうなると、セラピストとしての視点から、やはり、ある種の神経症的な症状として見てしまうんですね。

 

あの小さな世界に入り込む動機が何であれ、まったく無意識的にその中に取り込まれてしまうと、心で感じていることも、体感しているはずのまわりの空気も、自分で考えていることでさえ、すべてに無感覚になるんじゃないかなと。

 

呼吸をおぼえている

吸う息と吐く息の間にわずかな隙間があることに気がつきますか? この隙間がないと、息ができないんです。

 

もう一度言いますね。

 

この隙間がないと、息ができないんです。

 

 

スマホやパソコンに夢中になっていると、ちょっとの間とはいえ、息を止めていたり、いずれにしても呼吸が浅くなるので、隙間も短くなります。

 

隙間がどんどん、どんどん、短くなっていったとしたら、

 

息が、、、できなくなるので、、、、、

 

ぐぐぐるじぃぃぃ、、

 

呼吸に気づきを向けましょうね。

 

自分らしさ体験講座

 

6月15日(日)開催します。

 

 

無料メルマガ登録はこちら