読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自分自身のマスターとして在る

瞑想歴33年・コアな瞑想体験を綴っています

Be one with...〜とともに在れ

ふとした瞬間に遠くの山の何気ない美しさが私の心をとらえました。 この場所がだんだん好きになりそうです。 つねに動き回っている私は、これまでどこに住んでもその場所に定住できなかった。。母が「また?」って苦笑いするんだけど何だかんだ理由を付けて…

自分のエゴとつねに向き合いながらも“その場にいる”

家族の中の自分自身 家族の座は心理セラピスト、バートへリンガー氏の多大な功績によって世界中に広がったワークです。 日本では私の古い友人でもあるチェトナ小林さんがへリンガー・インスティテュート・ジャパンを運営していらして、多くのファシリテイタ…

次なるプロジェクトは「自画像とWho is in」

残暑お見舞い申し上げます。 広島の山の中で合宿を終え神奈川県の自宅に戻ったら、外に吊ってあったすだれは片方にずれ落ちたりひもが引っ張られて原型を成さないくらいーー風が吹き荒れたんだろうなあ。。。何とか元の形に戻したけど、雑草でぼうぼうの庭に…

新しい信条で埋め尽くす!

自分らしさはどこに? ビジネスの領域でも精神性の面でもリーダーシップを取っている人が、「あなたの夢は何か? そこに向かって行け」ということを言っています。 「怖いだって? 信じられないって? そんなこと言っているうちに人生は終わってしまうよ」っ…

セッションの質ということについて

直感を信じることは自分を信じること 直感を信じるのってむずかしかったりしますよね? あとになって「あのとき直感を信じていれば良かったんだ」って思うことはあっても、観念的な思考が「そんなわけないだろ!」って言うと、でもってけっこうその口調が強…

私が私であること

川に流されない岩のように 自分から人や状況に合わせていくことばかりしないで、自分がしっかりしてれば周囲の状況が動くのだってこと、体験してわかった方が良いと思います。 川に流されることのない岩を思い浮かべてみるといいんじゃないかな? 水は岩のま…

軸はしなやかな竹

中心軸を磨く 中心軸を磨くっていうコンセプトが最近のお気に入りテーマ。この言葉自体がメタファーなので、まず自分に尋ねてみます。 Q: 「その中心軸は何のようか?」 D: 「竹、しなやかな竹です。根っこが辺り一面にぐ〜っと這っていて、少々のことでは倒…

自分らしさは、中心軸にあり

自分らしさを突き詰めること 自分らしさって、突き詰めていくと、いわゆる自分の中心軸です。そこさえはっきりしていれば、何でもできる。はい、何でもできます。 逆に何かがうまくいなかいときは、その中心軸が僅かかもしれないけど、ブレているんです。疲…

我がまま=我(われ)のまま

伝えようという情熱 よくそれだけ書けるね。って言われたんですが、ブログやメルマガを書くリソースは「伝えたい」という「情熱」です。 書くことに対する「情熱」だけなら本を書くでしょう。で、出版社が買ってくれればうれしいし、書店に並んだら「読みた…