読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自分自身のマスターとして在る

瞑想歴33年・コアな瞑想体験を綴っています

あるがままの自分

『家族の座』をマスターするまでの長い道のりについて

家族の座の創始者バートとの出会い ファミリーコンステレーションの創始者バート・へリンガー氏のワークをドイツに受けに行ったのは、2001年のことだったと記憶します。 私が信頼するセラピストの一人である福井ヤショダの誘いを受けたことがきっかけで…

ヒプノヴォイスーー声そのものがいやしなんです

ヒプノのガイドが骨に染み入ります 最近気に入っているガイド瞑想は「心でからだの声を聴く」のオリジナルバージョン。英語だけど、注目すべきは「声の質」 彼女の豊富な体験から培われて来たものであることがわかります。これは私自身がヒプノセラピストで…

瞑想体質を作るー呼吸の次は?

自分自身のマスターになる 瞑想コーチ 斎藤だそです。 瞑想体質を作るー呼吸の次は? 電車で寝ちゃう人はまあ寝かせといて(笑)、起きていよう、目覚め ていたいという人に次なるステップをお教えしますね。また寝ちゃう 人も起きたときに読んでもらえれば…

過去の傷をいやすヒプノシス

その原点は愛 今日はひとつ告知をーー。 私がヒプノセラピー(催眠療法)を学び始めたきっかけについてはいろんなところで書いてきていますが、かれこれ10年、今も引き続き練習を重ね、学び続ける理由は、ひと言で言って「無意識マインドに働きかける手法の…

あるがままのあなたに出会う2泊3日の瞑想マラソン

★ Inner Truth ★ 内なる真実 あるがままのあなたに出会う 2泊3日の瞑想マラソン 日時:8月18日(火)〜20日(木) ※17日午後9時現地集合/20日午後5時解散 会場:妙高高原の施設 ※お申込み後に詳細をお送りします。 参加費:3日間48,000円(宿泊食事代3万…

Be one with...〜とともに在れ

ふとした瞬間に遠くの山の何気ない美しさが私の心をとらえました。 この場所がだんだん好きになりそうです。 つねに動き回っている私は、これまでどこに住んでもその場所に定住できなかった。。母が「また?」って苦笑いするんだけど何だかんだ理由を付けて…

自分のエゴとつねに向き合いながらも“その場にいる”

家族の中の自分自身 家族の座は心理セラピスト、バートへリンガー氏の多大な功績によって世界中に広がったワークです。 日本では私の古い友人でもあるチェトナ小林さんがへリンガー・インスティテュート・ジャパンを運営していらして、多くのファシリテイタ…

自分らしい記事を書いているとね

最近やっと自分らしい記事を書いているなと思います。今年の上半期は学習したビジネスモデルを片っ端から為し、実証したことから次のステップを作り出すというプロセスを自分にできる範囲で、でも徹底的にやりました。ほんとうに自分自身を誉めてあげたいで…

グルジェフ・ムーブメンツを踊ると自分のすべてが見える

3週間のムーブメンツを振り返る心の余裕がやっとできたようです。というのも、さっきまで週末のコースの準備に追われていたからですが、一段落してお茶を飲んでいたら急にヒマラヤが懐かしく思えて来ました。 心に染み入る曲、努力に努力を重ねた日々、仲間…

最高の状態で◯◯しているとき

最高の状態で◯◯しているとき クリーン・ランゲージのリソースワークの中で私たちは「最高の状態で◯◯しているとき、それは何のようですか?」という前提文にあてはめた練習をします。 ◯◯には「散歩」「料理」「踊り」「泳ぐ」などなど、その人が楽しむ行為を…

誰でもない私

名前を変えようかと思い立ったとき、私は自分が嫌いだったし、両親を憎んでいました。 名前を変えて文章を書き始めたとき、私は自分の能力に対してどこか誇らしげに思っていたし、そんな自分を振り返ると恥ずかしくなります。 名前を変えても変えなくても、…

健康的なコミュニケーションツール

最近は英語の比喩的表現と日本語のそれとの間をしょっちゅう行き来しているので、ともかくメタファー、シンボルに目が行きます。耳も反応するし感覚的にスパッとそこをキャッチするようになってきました。 これがクリーン・ランゲージという手法を身につける…

私を好きになってもらいたい

何を読みたいと思いますか? 自分軸が決まると書く内容がおのずと洗練されてきます。何をだれに向かって伝えようとしているのかがもっと鮮明になるのです。言い換えると、不必要なことは書かなくなる。 私たちはものすごい情報量の渦の中で生活しています。…

私が私であること

川に流されない岩のように 自分から人や状況に合わせていくことばかりしないで、自分がしっかりしてれば周囲の状況が動くのだってこと、体験してわかった方が良いと思います。 川に流されることのない岩を思い浮かべてみるといいんじゃないかな? 水は岩のま…

自分の中心にどっしりいる

自分の中心にいるとき、私は私でいる 自分のまわりに壁を築いているとき、私は壁になる つい先日のエクササイズで、気づいたことです。 満員電車に乗っているときなんかは「壁」になったほうが安全な気がするけれど、人とコミュニケーション取りたいときに「…

自分らしさがわからないなんて言わないこと

コミュニケーションが苦手というレッテル 自分らしさがわからないとか、自分のことを知らないと思ってしまうのって、辛いことですよね。でも、多くの場合は「誤った自己イメージ」または「思い込み」があるがままの自分を知るための障害になっていると思いま…

あ〜あ、本を書きたい! その時間がほしい!

「◯◯に追われている」というフレーズはまったく自分らしくはないのです 近く開催される「神聖舞踏グルジェフ・ムーブメンツ」の準備に追われている、と書いてみて、実はちっとも追われていないことに気がつきました。 この「◯◯に追われている」というフレー…

MONEY GROUP お金の奴隷ではなく、それのマスターになる

Be with yourslf(あなたとともにいます) 、、、だんだんと戻って来て、、、そして、、、あなたとともにいます。 何度も繰り返してきたヒプノ(催眠)のインストラクション。最後にトランスから呼び戻すときに使うフレーズです。 私はトランスから戻ってき…

好き嫌いと自分らしさに関すること

自分のことを好きとか嫌いとか言っても どうなんでしょうね? 自分のこと、好きとか嫌いとか言うのって? 好きなとこだけにして、嫌いなところを消すわけにいかないのですから、言ったところでどうしようもない。でも、嫌いなところを何とかしたい。 そうい…

素のままでいることと自分らしい◯◯

素のままでいる 私は50代半ばで大きな失恋を経験しています。きっと若い方から見ると、おばさんでも失恋するんだ! って感じでしょうね。そうなんです、いくつになっても恋はするし、だから失恋はまぬがれないんです。 どんなことにも終わりはあるってことで…

あれでもない、これでもない

自分らしくないもの 丁寧語を使っているとき、私は「自分らしくない」と感じます。でもそれはわかって使っているのでカテゴリーとしてはOKボックスに入れています。 友だちに対して、冷たい態度を取るとき、「自分らしくない」と思うし、ちょっと悲しくなっ…