自分自身のマスターとして在る

瞑想歴33年・コアな瞑想体験を綴っています

失くしたものはもう戻らないけど、大事なものは捨ててない。

操作ミスらしくって、メルマガ購読者の顧客数がごっそり減ったんです。

 

で、そのときの私の反応は、ま、いいか、だったの(笑)

 

いずれにしても、ソフトを変えるつもりだったし、あれこれやっているうちに、また新しい人たちが見つけてくださるだろうと。

 

「書く」ことへの情熱は、もちろん言語を操るマインドが興奮するということもあるけれど、書いた文字を読んで、ため息ついたり、いや違う、と言ったりする、もう一人の私は、大事なところを牛耳っている感じがするんです。

 

そして、捨てていない大事なものとは、書くことを通じて自分を表現するということかなあ。

 

今とても相性のいい編集者の女性と仕事をしていて、良い本を創るということに関して、お互いの情熱をぶつけ合っている感があり、すごく幸せです。

 

それに、4日間しっかり独りでこもったおかげで、何よりも自分の大切にしているものと向き合えた。

 

これこそライフワークだと言えるものが見つかった。ここに至るまでに大事に大事に育ててきた自分の才能だけは、けっして切り売りしなかったと言える。

 

バカなことや中途半端なこともいっぱいしてきたけど、このことだけはしっかり褒めてあげられそうだなと、おこもりの最終日の朝に胸を張ったのです。

 

          f:id:dasosaito:20180911062121j:plain

ネタ切れしないの? だって(笑)

来る日も来る日も「瞑想」をテーマに書いているみたいだけど、ネタ切れしないの? 

って聞かれてびっくり! 

 

だって、来る日も来る日も変わっていく自分自身のことを書いているんだから、ネタ切れどころか、どれから書こうかって感じです。

 

大昔に「一冊の本を書きたいなら、来る日も来る日も少しずつ書き続けることだ」と言われたのがしっくり来て、ブログを書き始めたのがきっかけです。

でも書く前には、インクワイアリー(自分で自分に問いかけること)をします。

ま、それが秘訣かな?

 

書くにしろ、歌うにしろ、人と話すにしろ、それをするためのすべてのリソースは、あなたの中にあるんです。

何かを表現したいなら、人をまねようとするのではなく、自分自身との対話がカギです。

 

というわけで、クリーン・インクワイアリ―というワークショップを構築中です。ご興味のある方はこちらからお問い合わせください。

www.reservestock.jp

 

 

グルジェフ・ムーブメンツという祈り・踊りの瞑想

この瞑想を始めて10年近くになります。

私が師事してきているのは、AmiyoとChetanという二人の先生たち。

このワークは非常にわかりやすい気づきのツールですが、それをハートから伝えてくれるのが彼らです。

  • 無自覚な行動パターンが踊りに現れる

  • 特に間違えた時に笑って誤魔化すなど、実はいつもやっていることがとっさに現れる

  • 手と足の動きを統合するときマインドが入り込むと、途端に混乱が現れる

つまり、それらを隠すことができないので、私たちのエゴは実に心地よく降参するのです。

私がハマっているというのは、たとえば年に一度は1週間から3週間のコースに参加するために必死でスケジュールを調整するという行動に現れています。

そういうときの私はなりふり構わず、クライアントさんや共同トレーナーの依子さんに頭を下げまくって(笑)休みを獲得しようとします。

その行動はエゴイスティックに見えるでしょうが、むしろ魂が燃えている感覚なのです。つまりどうにも止められない。

 

 

というわけで、10月6~12日はすべてのセッション、ワークショップはお休みになります。いっしょにお休みしたい人は是非ご参加ください。

 

3日コースだとほんとうに楽しい部分を持ち帰れます。そして苦しんでも、もう少し深みを探りたいのだという人は7日間いてください(笑)

 

www.reservestock.jp