自分自身のマスターとして在る

瞑想歴33年・コアな瞑想体験を綴っています

【禅問答】どこから来てどこへ行く?

禅問答として尋ねられたら、「無から来て無に還る」な~んて答えもありのこの問いですが、旅をしているときには即答できないんです。

イミグレーションなどでは特にそうですが、出発地点を聞かれている? という場合と、カジュアルに、どこかの国を旅して来て、今からどこへ行くのかって聞かれている場合もあるので、根っこのところで生真面目な日本人の私としては、つい考え込むんですね(笑)

また聞かれる相手によっても、この人にはオリジナルのところでどこって言った方が良いのかもとか、旅の途中だから、昨日まではイギリスにいたって答えるべきとか【やっぱり考え込むなあ、私】ってことに今回の旅で気が付いたんです。

 

とにかく日本人って生真面目だと思う。

そして自分はとても日本人だと思う。

今さらながらに身をもって日本人を見つめなおしている旅です。

 

先日こんなことがありました。

 

プネーに着いてすぐにリキシャに乗って、’例の’値段交渉が始まったんです。

リキシャというのはオート3輪車でインドではタクシーよりも安くてバイクよりも安全な上、小回りが利くので便利です。

ドライバーは寡黙でほとんどしゃべらないか、簡単な英語は話せて気の良いおじさんかのどちらかです。

そして、件のおじさんは後者の方で、「往復? 片道? 往復にしといてよ。安くしとくから。今朝は一人も客がなくてさ、あがったりだよ。帰りに空で帰ってくるのは大変なのさ。」

知ったことか! って言いたくなるような話なのですが、最近ではタクシーが増えてきたせいもあって、切実なんだろうなって余計なことを考えたために、そして(長いこと来ていないから)今の相場も知らないので、規定料金の倍以上払っちゃったんです。

おじさん、一瞬びっくりした表情を見せたんだけど、もちろん黙って消えた。

あとで友人に相場を聞いて今度は私がびっくりしたわけですが、日本の経済状況とは全く違う環境の中で、自分の側の感覚だけで動いちゃいけないな、と反省したわけです。

 

どこから来てどこへ行くか?

インドのリキシャマンにとっては、乗った場所に戻るのがいちばんうれしいことらしいです(笑)

 

f:id:dasosaito:20171215203740j:plain

「ほんとうに目覚めているかい?」

「ほんとうに目覚めているかい?」

 

と、ずっと耳元で声がしているような旅でした。

 

今回はイギリスの帰りにインドに立ち寄るという予定を立てたために、俗にいうLCCですかね? いわゆるチョー安いチケットを買ったんです。飛行機はANAだというので、油断したかもしれません。

f:id:dasosaito:20171212194236j:plain

 

日本、インド間はANAでしたが、ご飯は不味く、インド、イギリス間のジェットエアウェイズは機内が狭い上に、何もかももっと不味い。

 

やはりホッとするようなホスピタリティに対してはお金を払っているもんなあって実感したものです。

 

若いころなら気にもしないけど、この年になるとやれやれって感じ。もう二度と乗らない! って言いながら、きっとまた同じ失敗するんでしょうけどね(笑)

 

さて、ボヤキはそのくらいにして、イギリス入国の恐怖はイミグレーションで2時間待ちだったこと。しかも同じところをグルグル回らされ、列車の時間は気になるし、、、で、だいぶストレスだったんだと思うのですが、ヒースローエクスプレスに乗ってロンドンに向っているとばかり思っていたら、車内清掃のおばさんが(たぶんそういう人いっぱい見てるんでしょうね)

「どこ行くの?」

「パディントン」

「オケ、じゃあ、次で降りなさい」

「ホワッツ?!」

「次で降りて乗り換えるの。ほらほら今は座っていて良いから」って。

 

つまりターミナル間を移動する列車に乗っていたのでした。

 

「ほんとうに目覚めているかい?」

 

この後の珍道中については、また後日。

”Work (働きかけ)”が ”Job(仕事)”になったとき

 

Workという言葉は、神秘家であり精神性の指導者であるグルジェフから来ていますが、ここで言うワークは、自己への働きかという意味です。

Work(働きかけ)がJob(仕事)となったときから、人はだんだん自己への働きかけを怠り、生活するため、お金のためだけに仕事をするようになりました。

「自己への働きかけ」はWorkという意味での「仕事」から切り離され「自己探求のためのワークショップ」という別枠のものが出来上がり、人は仕事の奴隷であるかのように働いています。

もっと言えば「お金の奴隷」なのかもしれません。

どんな仕事をしていても、その仕事を通して「自分への働きかけ」をしているという意識を持つ必要があると思います。

それだけでも仕事に対するかかわり方が違ってきませんか?

この仕事を通して自分は成長しているという事実に気づけたら、自分の仕事に価値を見出し、もっと大切に感じられるだろうし、それは楽しいことになるでしょう。

そして自分の成長に真剣にかかわろうという意思があるとき、自分が選んでいる仕事を通してではそれをしていくことができないということなら、そこではじめて「自分が何を求めていて」「そのために何ができるのか」が明らかになってくるでしょう。

ごちゃごちゃのままの思考で「私は何をしたいのかわからない」などと嘆いていても何も始まりません。自分の思考の仕組みを知らないままで、「瞑想しなきゃ」などと言うのも違います。

※この際言っておきますが、瞑想会は駆け込み寺ではありあません。(笑)

瞑想会は自分への働きかけをする場です。

その意思を持った人のための場です。

そして、Work(自己への働きかけ)は、実に楽しいプロセスなのです。

f:id:dasosaito:20171120090935j:plain

 

思考の仕組みを知るにはこれ!

www.reservestock.jp