自分自身のマスターとして在る

瞑想歴33年・コアな瞑想体験を綴っています

瞑想した気になりたいのか、 人生が変わるような瞑想体験をしたいのか ?

 

結局のところそこなんですね。瞑想が深まるかどうかはモチベーションによるんです。で、私はもちろん後者に興味があるので、瞑想ごっこをしたい人は自ずと離れていきます。

 

なにせそんじょそこらの瞑想コーチとかいう人たちは、「心を静かに保って、何がやってきてもそれをそのままにします。」なんてわかったようなこと言いつつ、そわそわと時間見ながらち~んってベルを鳴らす”だけ”なのに対して、リーダー自らが真剣な態度でいっしょに瞑想するので、「あ、この人本気だ。」ってわかっちゃうんでしょうね。

 

また、ちょっと瞑想に馴れて来ると、「最後の段階で寝ちゃうんですが、そのまま眠っても良いですか?」「30分ハミングがきついので、ちょっとはしょっちゃいました、えへ」みたいなコメントを聞きます。

 

人間ってほんとうに怠惰な生き物です。というかそういうふうに社会に飼いならされていると、根気よく一つのことをたんたんと続ける勇気というか、ガッツと言うか、そういうものを持たなくても息していられる社会だから、すぐに眠りこけるんですね。

 

瞑想に来られる方に良く言うのは、「上手く行っているとかいっていないとか考えずに、たんたんと1時間の瞑想を続ける」ってことです。自己流に陥らないために、決まった型にしたがい、ただ続ける。。。

 

それが瞑想を深めるコツなんです。

 

 

ところで、私は日本を良く離れます。

 

このおこちゃま社会にどっぷりいると、自分が奇妙な言語を使い始めるのがわかるし、そんな中で「自分の言葉」で「自分の思うこと」を素直にしゃべっていると、だんだん閉塞感がやってくるんですね。

 

ときどき離れて英語圏に行くと、まずしっかり自分の意見を言えないと社会性を問われるし、「いったいあなたは誰?」ってところの自意識を常に促されます。

 

最近の私はクリーン・ランゲージ・トレーナーとしての意識に目覚めてきて、瞑想を深める意味でも、正しい相互理解のためのコミュニケーションツールとしても、この技法を広めていくという方向性が固まってきました。

 

そのことはおいおい書いていきますが、瞑想とクリーン・ランゲージ、この両方の良いところを伝えられるワークとして、「瞑想を深めるクリーン・ランゲージ」そして、「クリーンな傾聴」に力を注いでいきます。

 

今年の後半は、クリーン・ランゲージの問い、「瞑想をすることで、あなたは、何が

起きれば良いのでしょう?」からスタートします。

 

 

www.reservestock.jp

 

www.reservestock.jp

www.reservestock.jp

www.reservestock.jp

”何でもできる”と”これが好き”とは別次元

昔から器用な方だったと思います。好奇心旺盛なこともあり、何でも一度はチャレンジしてみたい。

 

たとえばコンピュータの出現と共にワープロを手放し、カセットデッキからCDへ。

 

iPodだろうがPadだろうが手当たり次第に触ってみて、Windowsに飽きたらMacにし、使い勝手の良し悪しにブツブツ言いながら結局両方持つ羽目に。

 

iPhoneはもちろん(笑)7の赤、iPad Proは画像きれいだし、音も良いので今のところこのセットはお気に入り。

 

HPは実にあれこれ作りましたね。ブログも相当書いたと思う。フォトショップも使いこなせると結構遊べます。

 

瞑想、セラピーグループは受けていない種類を数えた方が早いくらいだし、資格ならヒプノセラピーや家族セラピー以外にも、ヨガティーチャー、アユルベディックマッサージ、その他諸々あります。

 

日本国内なら行っていない県を数えると、青森、秋田、岩手だけ。それ以外は全部の県を訪問しています。ちなみに北はまだ札幌どまりだけど、南は最西端の与那国島まで入ってます。

 

世界となるとまだ22の国だけですが、年に最低2度ペースになってきたので、きっと回数は多い方ですね。

 

さて、こんな私がモットーとしていることは気になったものは一度は体験してみるということ。人体実験も含めて、自分で味わい、嗅ぎ、触れて、感じて、その実験結果を検証し、納得したものだけを、私が本当に心から愛している人々ーー日本人という人々ーーに伝えることが至上の歓びなんです。

 

ゆえに

cleanlanguage.jp

 

ゆえに

www.reservestock.jp

 

私が”これが好き”って言うとき、それはもう確信に満ちた”これが好き”なんです。

 

 

合掌ーー。

からだと対話する。こころと対話する。

からだと対話すると言っても、自分自身をしっかり見守ることができていないと、果たしてこれはからだの応答か、そうだと勝手に思い込んでいる自分のマインドかがわからなくなります。

 

こころと対話するのはもっとむずかしいです。

 

昨今ではいろんな「アイデア」が散乱しており、文字の世界だけ追っていると、危ないです。わかった気にはなるんだけど、わかってないということだけはわかる(笑)

 

やはりきちんとOsho瞑想を理解している、できれば瞑想リーダーといっしょに瞑想することですね。

 

私が瞑想をリードしているのはきちんと伝えたいからで、私自身がOsho瞑想にどれだけサポートされたかわからないほどだからです。

 

さて、瞑想すると、そしてそれが進んでくると、マインドの働き、感情の動き、からだの応答などなどを繊細に「見守れる」ようになります。

 

そうして初めて、たとえばからだの一部(たとえば胃)に手を置いて、それと共にいて、それを感じる、ただ感じてみる、静かに、何も求めず、何も与えようとせず、、、ただしっかりいっしょにいる。

 

するとある段階で突然胃がふわ~っと緩んだりするんです。

 

そして、とても「イイ感じ」が沸いてくる。

 

するとね、例えば目だけで食べたり、頭だけで食べたりしなくなります。

 

このレッスンがうまくいってるなあ、って思えるようになったら、次のステップとしてやっと「こころと対話する」ができるでしょう。

 

<続きは明日>