読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自分自身のマスターとして在る

瞑想歴33年・コアな瞑想体験を綴っています

思考を見守ることの大切さについて

 

 

「何をしているかは問題ではない。何をしていようが、あなたの思考を見守っていなさい。そのことを通して変容が起きる」というOshoの言葉をかみしめています。

 

このところあれこれのアイデアが沸いてきており、それらを油断なく見つめていると、自分のパターンに気が付きます。

 

パターンゆえに起きる同じミス、同じリアクション、見落とすポイントや修正しようとするやり方など、全部同じなんです。

 

しっかり見守っていなかったら、私はきっと以前と同じように「うまく調整しなおして、表面的に取り繕う」ことをしていたでしょう。

 

そして、「表面的には」何事もなかったかのように事は進んでいくかもしれない。

 

でもその根底では、自分や他人に正直ではない部分が残るので、トータルでいられないことになります。

 

そして、正直でいる、ということは、何も操作しない。ただ在ることなんですね。

 

そうすれば、起きるべきことが起きるーーそれはつねに正しい道だと思います。

 

 

ムーブメンツとは?

 

ムーブメンツリトリート(5月25日スタート)は、動きの中での目覚めの体験です。

 

坐っているだけだと、頭の中がグルグルしてなかなか深みに入れない、という人の場合、ムーブメンツをぜひ試してみて欲しいです。

 

これほどシンプルで、これほどわかりやすい自己想起の技法は他にないでしょう。

 

またフェルデンクライスが影響を受けたというのもよくわかるほど、身体に対する目覚めが生まれます。

 

 

www.reservestock.jp

 

まだまだマイナーな手法だけに、なるべく多くの人に知っていただく機会を作りたいと思っているので、週一のクラスも開催します。

 

5月10・17・24・31日(水)6~9時

南青山にて

 

 

www.reservestock.jp

 

思考は休ませてこそ活性化するって知ってます?

人間は睡眠を取りますが、それは身体を休めるためです。

 

体が休まれば、心も休まる。

 

普通はそうなんですが、交感神経と副交感神経のバランスが狂っていると、十分に休めません。横たわっているけど、どこかが目覚めていてなかなか寝付けない。朝起きてすっきりしないなどの症状はそういうことです。

 

人は随分と昔から身体に頼り過ぎています。でもって、言うこと聞かないとお酒やドラッグを使って無理やり休ませるなんてことをする。

 

瞑想は思考を休ませることに大きく貢献します。

 

私は以前21日間独りの部屋で黙々と坐り続けるというリトリートをやったことがあるので、このことは体験済みです。ヴィパサナ瞑想10日間などもこの方向のことですね。

 

で、この21日、無思考の中により長くとどまるという体験が何度も何度も起きるので、思考がどんどんくつろぐので、完全にリフレッシュした思考は、とても創造的になります。

 

CPUを入れ替えて起動したら、全く想像もつかなかった絵や音楽が出現したみたいな感じのことです。

 

ただし、それを期待すると、その期待が邪魔になるので、要注意。

 

でも、瞑想は創造性に大きく貢献することだけは確かです。

 

 

 

笑庵プロジェクト4日目ーー。

 

今夜10時半スタートです。フェイスブック内のイベントページ「夜10時半からのサイレント瞑想・4日目」というのを見つけて「参加」にしておくとリマインダーが届くみたいです。

 

場所は違っても、同じ時間にいっしょに坐る人がいるというのは大きなサポートです。

 

しかもこの時刻にはインドのプネーにあるOsho瞑想リゾートでも多くの人が坐っています。

 

そう考えただけでも、ちょっと頑張ってみようという気になりませんか?

 

まず10時半の少し前に軽く体をほぐす意味で踊ると良いです。

 

それから坐る。

 

このとき呼吸を見つめることが役に立ちます。

 

私は60~90分間Oshoの講和を聞きながら坐ります。このとき、ヴィパサナ瞑想(ただ坐る瞑想)でやるように、みなさんのことをホールドするという意識で坐るつもりです。

 

みなさんは「十分かな」と感じたところでやめればいいです。苦行じゃないので無理は禁物!

 

そして、もしよかったら、やってみた感想などいただけると嬉しいです。

 

 

 

================

 

そして、笑庵プロジェクトは次なる提案も用意しておりますので(笑)お楽しみに!

 

また9月にも妙高瞑想リトリートが決定しました。

 

================

 

5月26~29日

動きの中の瞑想:グルジェフ・ムーブメンツと瞑想リトリート

 

 

私たちの多くが自分の身体をかなり自由に操れていると思い込んでいますが、事実としてそれは間違いです。

 

私たちの動きはパターン化しており、自由な動きではないのです。

 

それを顕著に見せてくれるのが、ムーブメンツという客観芸術です。

 

“ムーブメンツは、自由に動きながらも、どのようにすれば、瞬間瞬間を体験し、今ここに在ることができるのかに気づかせてくれる” ――マダム・ド・ザルツマン 

 

 

www.reservestock.jp

 

8月31日~9月3日

www.reservestock.jp

 

ムーブメンツとOsho瞑想ーーもう目覚めるしかない!

 

 

夜10時半スタート:サイレント瞑想7Days

笑庵プロジェクト始動開始!!

 

我ながらよくこんなことばっかり思いつくなと。。。(笑)

 

昨夜からスタートさせた「サイレント瞑想」はインドのプネーで大勢が坐る時間に合わせて日本時間の夜10時半から1時間坐るというプロジェクト。30人ほどがサポートしてくれました。

 

私が責任もって付き合えるのは28日の夜までなので(しかもその日の10時半と言えば、タイ辺りの上空を飛んでいる頃なのですが)、ま、21日からの7日間だとキリが良いので、ひとまず「サイレント瞑想7Days」というイベントにしちゃいます。

 

参加方法は簡単ーー

 

ご自宅で静かに坐れる場所を確保したら、15分ほど前からからだをほぐす意味で軽くダンスすると良いです。あるいはちょっとシェイキングするとかね。

 

そして、呼吸を見つめながら1時間坐るのです。このとき、他にも同じ時間に坐っている人がいるのだ、ということをただ覚えていてください。それだけのことなんだけれど、とてもサポートされている感じがして坐ろうという気になれます。

 

思考が静かになるには(どんな人の場合も)43~45分経ってからだと言われています。だから10分やそこら坐ってもあまり意味がないのですが、ま、1日目は10分、2日目には20分て具合に伸ばして行って、7日目に60分坐れたら、自分をほめてあげよう! ってくらいの気楽さでやるほうがうまくいきます。

 

瞑想は苦行や修行じゃないのでね!

 

でもって、気が向いたら、フェイスブック内の「笑庵プロジェクト」というページをフォローしておいてくださいな。今後もいろんなプロジェクトを提案していくつもりですので。